ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【大阪】夏バテにカツ! 堺筋本町の美味しいトンカツランチ!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

じめじめとした6月が終わり、いよいよ7月、夏のはじまりを迎えました。
毎日30度を超す暑さ、外回りをされているお父さん方、毎日おつかれでしょう。

今回は、そんな頑張る皆さんの応援も兼ねて、夏バテで失った元気を取り戻せる美味しいご飯をご紹介!

はい、こちらが今回ご紹介する、大阪は堺筋本町のお店『KATSU 華』の大葉チーズカツ定食(1000円)です。

きれいに盛りつけられましたこちらのトンカツ、とっても贅沢な食材を使ってるんです。

パン粉は電極式及び烙焼式によって作られた、カツにうってつけの激選品。
お肉は本場カナダ産、大麦で育てられた豚肉を使用。
なんとお米までも、銘品福井コシヒカリが使われているんですね。

こんなに良い素材で作られたトンカツが、美味しくないわけがない!
てなわけで、早速カツを一口いただきますと……。

んんん!
予想以上に美味しい!

こういった揚げ物を食べたとき、衣の固い部分で口の中を傷つけてしまったりして嫌な気分になることがありますが、このトンカツならそんなことは起きませんね。
衣が不必要にいがいがしくなく、かつパリッとした歯ごたえよいバランス。
口の中に入れると、柔軟かつ従順にふんわりととろけていくのです。

そしてご飯、これがまた絶品!

「ご飯は噛めば噛むほど味が出る」と、ほとんどの人が幼い頃に親から言われたことでしょうが、少なくともこのご飯については間違いなく事実でしょう。
口の中へ噛みしめれば噛みしめるほど、ほのかな甘みを含んだ「お米の旨み」がどんどん溢れてくるのです。

これがまた、カツと相性抜群! 静かな夏の昼時にふさわしい、落ち着いた美味しさを奏でてくれます。

肉汁がほとばしるようなダイナミックなウマさではありませんが、店主さんの真心と思いやりが詰まった、大変やさしいトンカツランチです。

そして最後に、注がれた黒烏龍茶。
ほのかな苦みが美味しい、シメにふさわしい一杯。
満足いっぱいのランチをありがとう!

以上、大阪は堺筋本町の『KATSU 華』でした!

とんかつ KATSU 華

住所:大阪府大阪市中央区北久宝寺町2-2-11
(地下鉄堺筋本町駅11番出口すぐ)
TEL:06-6226-8559

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: lazeengine) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP