ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

iPhoneで手軽に360度撮影!広角レンズ2つ搭載のアダプタ「Insta360 Nano」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

より立体感のある映像が撮れる360度カメラが増えてきているが、今回紹介するのはiPhoneを360度カメラに早変わりさせるアダプタ「Insta360 Nano」。

2つのレンズで同時撮影して合成することで360度映像となるというもの。日常で使うiPhoneで撮影できるので、すぐに友達とシェアするのに便利そうだ。

・差し込むとアプリが自動起動

Insta360 Nanoはやや大きめのメモリスティックといった外観。わずか70グラムと軽量ながら画角210度のレンズ2つを搭載している。

使うには、Insta360 Nano をiPhoneのライトニングコネクタにさす。すると、自動的にアプリが立ち上がるので、写真かビデオかを選んでシャッターボタンを押すだけ。

ビデオ撮影の時は、メーンカメラが捉えている映像がスクリーンに大きく映し出され、その右下にインカメラの映像も表示される。その2つの映像が自動で360度映像に合成され、アルバムに保存される仕組みだ。

・撮ってすぐシェア!

撮影したビデオや写真はアプリのプレビューでスクリーンを指で動かしながら視聴できるほか、GoogleのCardboardなどでも楽しめるとのこと。

また、撮影データはiPhoneに保存されるので、すぐに友達とシェアするのもありだ。FacebookなどのVR対応ソーシャルメディアで公開してもいいだろう。

・7月30日、米国で発売開始

その他のスペックとしては、解像度は3040×1520、F値2.0。バッテリーは800mAhとなっている。

現在、米国Amazonでプレオーダーが可能で、価格は199ドル(約2万円)。7月30日発売開始となっている。

唯一、撮影の際はライトニングコネクタ部分が上に来るようiPhoneを逆さまに持つ必要があることが難点と言えなくもない。しかし、専用のカメラを買わなくてもiPhoneで手軽にいつでも撮影できるメリットの方が上回りそうだ。

Insta360 Nano

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP