ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

LG Payは後発ながらもセキュリティ対策機能が充実しているらしい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

長らくサービスの開始が待たれている LG のモバイル決済サービス「LG Pay」の特徴の一部を韓国メディアの Korea Herald が伝えました。LG Pay については、昨年 11 月にサービスの概要が発表されましたが、当時伝えられていた 2016 年 Q1 中の開始は叶わず、その後も開始は遅れています。現在の開始時期は 9 月ですが、同サイトによると、新型のプレミアムスマートフォンと同時にサービス開始が発表されるそうです。9 月の IFA 2016 イベントで新型スマートフォンとサービスの開始を発表するつもりなのかもしれません。今回伝えられた情報は、LG Pay では IC チップを内蔵したスマートカードとワンタイムパスワード機能が提供されることです。スマートカードというのは、使用するクレジットカードやデビットカードを切り換えて利用できるプラスチックカードのことです。IC チップを採用したことで、磁気テープを採用した古いカードよりも偽装の危険性が低く、銀行 ATM でも利用できるとされています。ワンタイムパスワードについては説明されていませんが、おそらくこれはモバイルアプリの機能と見られます。Source : Korea Herald

■関連記事
Samsung、「Gear IconX」の使い方動画を公開、気になる充電方法や音楽の転送方法などが判明
Amazon、1日限定のプライム会員向けセール「Prime Day」を「Prime Now」でも実施
スマートロック「Akerun」にNFC対応のオフィス向け「Akerun Pro」が登場

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP