ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

測ってスマホにデータ送信!メジャー「Bagel」はレーザー測定もできる

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Bagel新しい家具を買う時、ウェストのサイズを知りたい時など、私たちはメジャーを使う。

しかし、形が単純で短いものを図るだけなら簡単だが、手の届かないところや、曲線を描いているものの測定は厄介だ。

そんな時に重宝するスマートなメジャー「Bagel」が登場した。状況に応じてレーザーなど3つの測定方法から選べる上、測定データをメジャーに保存したりスマホに送信したりできるというものだ。

Bagel2・転がしても測れる!

測定方法は3パターンが用意されている。1つは従来式のテープの代わりに紐を引っ張って図るというもの。こちらでは最大3メートルまで測定できる。

2つめは、転がすパターン。ホイール部分を転がすだけで測定でき、カーブしている物の測定に便利だ。測定距離は最大10メートル。

Bagel33つめは、リモートモード。0.3〜5メートルの距離を内蔵するレーザーポインターで測定できる。

・ボイスメモでも残せる

計測データはBagelのスクリーンに表示される。またBagelは32MBのメモリーを内蔵し、ボタンをプッシュするだけでデータを保存できる(最大100件まで)。

さらに、そのデータを連携するスマホに送ることも可能だ。その際は、「机の幅」「椅子の高さ」など測定したものの名称をタグ付けでき、いつ測定したのかも記録される。

加えて、測定データはボイスメモとしても記録でき、そのボイスメモはスマホに送られる際に自動的にテキストに変換されてタグとなるのも便利だ。

Bagel4・目標額達成、今なら7100円で

Bagelは、単位「メートル」と「フィート」に対応。1回の充電で8時間の連続使用が可能となっている。

テープが曲がらないようにしたり、高いところは脚立を使ったり。そして測定したものをノートに書き留めたり。そんな煩わしさから解放してくれるBagelは現在、クラウドファンディングサイトKickstarterで出資を募集中で、すでに目標額を達成し商品化はほぼ確実な情勢。

今なら予定小売価格より23%安い69ドル(約7100円)の出資で入手できるので、興味のある人はオトクにゲットできるチャンスだ。出資期限は8月3日、発送は今年11月となっている。

Bagel/Kickstarter

https://ksr-video.imgix.net/projects/2523846/video-679477-h264_high.mp4

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。