ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Huawei Mate 9は10nmのKirin 970を搭載か?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Huawei の大画面スマートフォン「Mate」シリーズの次世代モデル「Mate 9(仮称)」のスペックに関する噂情報が中国で伝えられていました。Mate 9 は現行の Mate 8 の後継モデルで、一時は 9 月の IFA 2016 イベントで発表されると噂されていましたが、その後、Huawei 幹部のよって否定されました。今のところ、Mate 9 の確たる情報が出てきていませんが、Weibo で伝えられているところによると、Kirin 970 という新 SoC を搭載しているらしい。Mate シリーズは Huawei の主力モデルの一つであり、過去には Hisilicon の新 SoC を初めて搭載した機種もありました。Mate 9 でも新 SoC が搭載される可能性は十分にあります。Kirin 970 については、TSMC の 10nm プロセスで製造されるとしか伝えられておらず、詳細は謎です。現行最新の Kirin 950 / 955 が 8 コア CPU なので、Kirn 970 では 10 コアに増えているかもしれません。Source : Weibo

■関連記事
アルク、スマートフォン学習アプリ「語学のオトモ ALCO」に通信講座のダウンロード機能を追加
Samsung SM-W2017の存在が確認される、4.2インチディスプレイを搭載
シャープ、ロボット型Androidスマートフォン「RoBoHoN」を台湾で披露

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP