体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ガジェ通秋葉原制覇】秋葉原最後の良心!伝説の店で牛丼を心に刻んでみた @『牛丼専門サンボ』

sanbo-nami012_R

ガジェット通信がお送りする“秋葉原制覇”もサクサク進んでいる予感ですが、みなさんいかがでしょうか?

ぶっちゃけ読む人を選ぶ筆者(YELLOW)の記事ですので、さしてPV的にも盛り上がりもせず、爆発する事も炎上する事もない当たり障りのない感は否めませんが、あえて言おう!

「食レポに関してはガチである!」

まあ、他のもガチなんですけど筆者が尊敬していた寺門ジモン改めネイチャージモン氏の説く

「食べ物に嘘があってはならない」

という名言は心に刻む必要があるかと存じます。あと、今書いて初めて気が付いたんですけど寺門ジモンのジモンって寺門(じもん)だったんですね(小並感)

今、牛丼が危ない!

sanbo-nami002_R

とりあえず危機感を煽る安い手法でPVアップを試みた次第ですが、恐らく嘘です。

いや、厳密には“牛丼が危ない”ってのは正解でして、食べるのが危険とかではなく、牛丼という食べ物の存在自体が「絶滅危惧種なんじゃね?」みたいな勢いで御座います。

東京オリンピックの開催に伴い、築地市場が移転するのは周知の事実ですが、その築地市場にある牛丼の『吉野家』が“牛丼の聖地”である事を知っている人は多くはありません。

この『吉野家』築地一号店は昔からの『吉野家』の味を守っているとの説があり、かつて牛丼が絶滅しそうになった“狂牛病の乱”の時でも、この築地1号店だけは牛丼を提供し続けていたという伝説があります。

しかし!

そんな『吉野家』築地一号店も築地市場の移転に合わせて、豊洲に移転するとの発表もあり、牛丼を愛する人達に衝撃を与えています。

無論、この場所に残る可能性もあるのですが、正式な発表では移転となっているので、移転する可能性は高いです。

つまり!

日本の牛丼を語る上で外せないレジェンド店が、またひとつ星になってしまう一大事に直面している事実を真摯に受け止める必要があるのです。

正統派牛丼、最後の砦となるのか?『牛丼専門サンボ』

sanbo-nami004_R

しかし!

秋葉原に通う我らに死角なしで御座います。

たとえ『吉野家』築地一号店が移転をきっかけに「頭の大盛り」などの良心がなくなってしまっても、我らには『牛丼専門サンボ』があります。

1989年頃から秋葉原で営業している牛丼の店でして、かつて“食の砂漠化”が深刻だった秋葉原ではオタク達のオアシスとして一世を風靡していました。

当然、あの“狂牛病の乱”の時代でも頑なに牛丼を提供し続けた猛者でして、大規模なチェーン展開で味が変わったとされる『吉野家』と違い、今でも“牛丼創世記”の頃の味が守られているという説があります。

一時期、長期休業に入った際には多くのファンから心配される声が上がり、再オープンした際には謎の行列が形成された歴史もあります。

つまり!

秋葉原で牛丼と言えば『牛丼専門サンボ』であり、ここで牛丼を食べずに秋葉原を語るのは秋葉原への愛が足りないとしか言えません。

『牛丼専門サンボ』の掟

sanbo-nami001_R
1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。