ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Cheetah Mobile、Androidを標的にしたトロイの木馬「Hummer」の脅威を警告、一日あたり最高で140万台も感染

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Cheetah Mobile Security Research Lab は 6 月 29 日、Android を標的にした「Hummer」と呼ばれるトロイの木馬による被害がこの 1 年間ほどで急増していると警告を発しています。Hummer は、感染した Android アプリをインストールすると、端末を root 化して管理者権限を奪取し、裏で勝手に広告を表示してタップと同様の操作を行ったり、不要なアプリをインストールさせるマルウェアです。マルウェアの不正な活動によって、この開発者たちは端末一台あたり平均 $0.5、一日あたり $500,000 も荒稼ぎしていると言われています。問題なのは、多くのアンチウィルスアプリでは Hummer に感染したアプリを検知・駆除できないらしいということ。同社が提供している CM Security やクリーンマスターでは対応しているそうです。また、レポートによると、Mummer はインドや中東地域を中心に全世界で蔓延しており、2016 年中には多い時で 1 日あたり 140 万台もの Android デバイスがこれに感染しており、同社がこれまでに発見したトロイの木馬の中では、最も感染した台数が多いとのことです。なお、同社が公開した感染端末台数の国別ランキング上位 25 カ国に日本は含まれていません。国内ユーザーの感染はまだ少ない模様です。Source : Cheetah

■関連記事
Galaxy Note 7テストユニットの写真が流出か?
Google、アメリカ独立記念日を祝してGoogle Playミュージックの4ヶ月無料トライアルキャンペーンを米国で実施
プラスワン、SAMURAI REIのソフトウェアアップデートを開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP