ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

毛糸や針不要!PC上で手軽にできる編み物マシン「Kniterate」が登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今や3Dプリンタは身近なものとなり、デジタルファイルをもとに、自宅でカスタムデザインの衣類が作れるツール、「Open Knit」も登場した。

今回、Open Knitをさらにバージョンアップさせた編み物マシン「Kniterate」が話題となっている。

・Open Knit開発者が発明

Open Knit技術を開発したのは、ジェラルド・ルビオ氏。大学4年の時、あくまでも趣味のつもりで作成したため、世間からのあまりの反響ぶりに驚きを隠せなかったという。

各地にてワークショップを開催し、多くの人々からのフィードバックを得るたびに、「編み物マシンを作りたい」という思いが募るようになり、その後仲間を求めてロンドンから中国・深セン市へ移住。

紡績業に詳しい専門家やエンジニアらとチームを結成を経て、次世代の編み物マシン「Kniterate」が誕生した。

ネット上で編み物を体験可能に

現在、インターネット上では、編み物を体験できるプラットフォーム「Kniterate」(β版)を公開している。もちろん、毛糸や針は不要だ。

Eメールとパスワードをあらかじめ設定しておけば、いつでもどこでも無料で編み物を体験することが可能である。

・縫い目がない

機械とはいえ、仕上がりもなかなか精工。

縫い目がなく、きれいな仕上がりが特徴的である。仕上がり後も人目を気にせず、堂々と着用することができるだろう。

・3種のアイテムに対応

「Kniterate」では、「スカーフ」「帽子」の中から、自分が今作りたいアイテムが選べるようになっている。サイズや色が自由に設定できるため、自分好みにカスタマイズ可能である。

間もなく、ジャンパーも3Dプリンタで手軽に作れるようになる。

「Kniterate」の正式版については近日、海外のクラウドファンディングサイト「KickStarter」に登場予定。

Kniterate

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP