ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

BlackBerryは3機種のAndroidスマートフォン「Neon」「Argon」「Mercury」を開発中?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

BlackBerry は今年 2 機種の Android スマートフォンを出すと伝えられてきましたが、ここに来て 1 台増えた模様です。噂によると、BlackBerry は現在、Neon、Argon、Mercury の 3 機種を開発しています。過去に伝えられた Hamburg と Rome は、上記のいずれかのコードネームの可能性があります。Neon の詳細はこちらの記事で紹介した通り、TCL Alcatel Tdol 4 の BlackBerry モデルだと伝えられています。Argon は、5.5 インチ 2,560 x 1,440 ピクセルのディスプレイ、Snapdragon 820 プロセッサ、4GB RAM、32GB ROM、背面に 2,100 万画素カメラ、3,000mAh バッテリーを搭載し、USB Type-C をサポートしており、指紋リーダーも搭載していると伝えられています。Mercury は 4.5 インチ 1,280 x 720 ピクセルのディスプレイを搭載しており、画面のアスペクト比は 3:2 で、下部には物理キーボードを搭載しているそうです。この機種は 2017 年 Q1 に発売される予定で、Snapdragon 625 プロセッサや 3GB RAM、32GB ROM、背面に 1,800 万画素カメラ、前面に 800 万画素カメラ、3,400mAh バッテリーを搭載していると伝えられています。

■関連記事
HTCの5.5インチ次期Nexusスマートフォン「Marlin」のスペック情報が伝えられる
次期Androidの正式名称が「Android Nougat(ヌガー)」に決定、巨大模型のデザインも公開
Chrome to Phoneが完全に機能しなくなった模様

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。