ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Qualcomm、CPUクロック数を2.35GHzに引き上げたSnapdragon 820を開発中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Qualcomm が Snapdragon 820 の派生モデルを 2 ~ 3 種類開発していることが判明しました。噂の Snapdragon 821 / 823 のことなのかもしれません。これはインドの輸出入情報を公開している Zauba のデータベースの情報で明らかになったことです。Zauba のデータベースには現在出荷中の Snapdragon 820「MSM8996」ではなく、「MSM8996PRO」「MSM8996SG(001-Y8)」「MSM8996SG(001-Y6)」が見つかったのです。MSM8996PRO の詳細はわかっていませんが、MSM8996SG(001-Y6)と MSM8996SG(001-Y8)については CPU と GPU クロック数が記載されています。それによると、MSM8996SG(001-Y6)の CPU は 2.15GHz 駆動で GPU は 624MHz 駆動。MSM8996SG(001-Y8)の CPU は 2.35GHz 駆動で、GPU は 653MHz 駆動でした。MSM8996PRO はこれのどちらかなのかもしれません。少なくとも、CPU と GPU のクロック数を引き上げた Snapdragon 820 が存在することは間違いない模様です。Source : Zauba

■関連記事
Amazon、1日限定のプライム会員向けセール「Prime Day」を7月12日に開催
Xiaomi、Mi Maxのグローバルモデルをインドで発表、7月6日に発売
NTTドコモ、富士山山頂でのLTEサービスを山開きに合わせて開始、今年は下り最大375Mbpsに引き上げ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP