ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ライズシステム、サーフィン情報サイト「波情報BCM」の公式Androidアプリ「BCM波情報Viewerアプリ」をリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ライズシステムは 6 月 30 日、サーフィン情報サイト「波情報 BCM」の公式 Android アプリ「BCM 波情報 Viewer アプリ」をリリースしました。アプリは月額 360 円 / 年額 4,300 円で提供されています。なお、1 週間無料で利用できるトライアルが提供されています。「BCM 波情報 Viewer アプリ」は WEB サイト「波情報 BCM」をアプリ化したもので、全国 170 箇所程の海岸に関する波情報と気象情報を主に配信しています。特徴は、サーフィンスポットのコンディションが詳細に説明されているところで、天候や風向きはもちろん、波の大きさ、波面の状態、うねりのまとまり具合などのサーフィンに必要な情報がイラストで示されており、視覚的にコンディションを確認できます。また、情報の更新頻度も多い。また、アプリの「マイホームスポット」に頻繁に訪れるサーフィンスポットを登録すると、アプリの起動時に登録したスポットの状況が一覧で表示されます。さらに、プッシュ通知機能を搭載しており、希望のコンディションに変化したり、台風が近づくとスマートフォンに通知します。アプリでは、WEB サイト版のライブカメラや波動画も視聴できます。「波情報 BCM」(Google Play ストア)

■関連記事
NTTドコモ、「ドライブネットインフォ」のサービスを9月30日にで終了、「ドコモ ドライブネット」への移行を促す
NTTレゾナント、AQUOS mini SH-M03をgooSimsellerで予約開始
セガ、「野球つく!」のAndroidアプリを配信開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。