ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NTTドコモ、LTEネットワークに下り最大370Mbpsを実現する3.5GHz帯を導入開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NTT ドコモは 6 月 29 日、同社が提供している LTE サービスにおいて、新たに 3.5GHz 帯の周波数帯を導入したと発表しました。3.5GHz 帯は「PREMIUM 4G」サービスの強化を目的に導入された新周波数帯で、この電波は TDD-LTE 方式に対応した端末で使用することができます。3.5GHz 帯の導入により、1.7GHz 帯の FDD-LTE の電波と組み合わせることで、キャリアアグリゲーションの速度は理論上、下り最大 370Mbps に向上します。NTT ドコモは当初、3.5GHz 帯 + 1.7GHz 帯のキャリアアグリゲーションを予定していましたが、3.5GHz 帯 + 2.1GHz 帯でのキャリアアグリゲーションも開始しています。この場合の下り速度は理論的には最大 332.5Mbps です。Source : NTT ドコモ

■関連記事
Moto E3 Power(XT1706)がWi-Fi Allianceの認証を取得
LG、PCキーボード・マウスでスマートフォンを操作できるようにする新アプリ「LG VPInput」をリリース
Android版ChromeにWEBページの意図しない遷移を防止する「スクロール位置の固定」機能が追加

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP