体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

彼女は僕の指をガブリと噛んだ ~ツッコみたくなる源氏物語の残念な男女~

genji-3

有名人の不倫騒動が何かと話題になる昨今。平安時代の結婚は今とずいぶん違いますが、浮気とその後の問題は今と同様、悩ましいものだったようです。梅雨の長雨、男たちの話も延々続く、有名な『雨夜の品定め』のシーン。話題は浮気についてです。

浮気に理解ある女は要注意?浮気も妻の態度次第

「浮気について、理解あるふりをして文句を言わないような女は要注意ですよ。突然キレてものすごい怖い事を言ったり、めちゃくちゃ悲しい和歌を書き残したり、思い出の残るものを残して、姿を消したりします。子供の頃、そういう女の話を聞いて同情したものだけど、今思うと最低ですね。わざとらしい。

そうやって男の本心を試そうとするうち、出家でもしたら取り返しがつきません。そんな事では、仏様も“未練があるだろうに”と思われるでしょうね。たとえ出家せず戻ってきたとしても、2人の間にはしこりが残るでしょう。

病める時も健やかなる時も、共に乗り越えるのが本物の愛情というもの。こんな出来事があった後、関係が元通りになるはずもなく、ギクシャクするのは当然です。

また、夫の愛情が冷めてしまった場合に、家出するのも愚かです。たとえ夫が浮気しても、結婚当初の気持ちを覚えていて、恋愛感情がなくなっても、夫婦の情で一緒にいることだって出来るでしょうに。事を荒立てるから本当に離婚に至るのです。

浮気心も妻の態度次第です。とにかく穏やかに様子を見て“浮気は知ってるわよ”程度に可愛く言えば、“妬いているな”と、夫の愛情も増すでしょう。

浮気を放任されるのは、夫も気楽で一見いいようだけど、奥さんの態度としてしっかりしているとは言えない。”つながれない船は浮く”という喩えのとおりです」

なんだか、結婚式のスピーチでよく聞く『3つの袋』の話の平安時代版みたいな感じ。

「とにかく浮気が許せない!」「愛想が尽きて、家も出て本当に別れたい!」という人には、この限りではないかもしれませんが、まだ同じ相手と長くやっていこうと思ったら、適当なゆるさと程よいシメが大切なのかもしれませんね。愛情を試そうとして裏目に出るというのも、今でも十分ありそうです。

でも、こんなふうに書いているものの、源氏物語の女性キャラたちも、怒って家を出て行くわ、出家するわ、それぞれ自分の気持に正直にやっています。現実的にはそんな風にはなかなかならないよ、という感じがしてリアルです。

見た目は悪いがよく尽す、嫉妬深い彼女との修羅場

左馬頭が若い頃、同棲していた彼女の話をします。彼女は見た目が悪いが努力家で、出来ないことは克服し、行き届いた世話をしてくれる人でした。

「当時は若くて他にも女がいたし、彼女と一生連れ添おうとは思っていませんでした。あまりに嫉妬深いので“なんでそんなに僕が好きなんだろう”と思うとあわれでもあり、自然と一緒に暮らすようになりました。

ただどうしても、嫉妬深さだけはどうにもなりません。そこで、性格を改善してやろうと思いました。こんなに僕にベタボレなんだから、ちょっとシメてやればうまくいくと思ったのです。

わざと冷たい態度に出て、彼女が怒りだした時“お前とはもう無理だ。別れよう。その嫉妬心さえなくなればまた一緒にいようと思えるのに。お前の性格が変わって僕がもう少し出世したら、いい夫婦になれるだろう”

自分でもうまいこと言ったな、と思っていると彼女は少し笑って、悔しそうに“あなたの出世を待つのはつらくないけど、浮気には堪えられない。もうおしまいだわ”と言い、僕の指をガブリと噛んだのです!

僕はオーバーに“ああ、こんな指では恥ずかしくてお勤めにもいけない。もう出世も出来ないよ。いっそ坊主にでもなろう。本気でお別れだ”と、噛まれた指を折り曲げて出て行きました。

勢いで出てきたものの、本気で別れる気はありませんでした。それからは一切連絡せず、ブラブラしていました。数日後、仕事が終わって出てくると、夜更けてみぞれが降っています。皆がそれぞれ帰っていくのに、自分が帰る場所といえば、やっぱり彼女のところしかないのです。

宿直室で寝るのもアレだし、同時進行していた女の元へ行くのもなあ、と思って、様子見がてら家に行きました。きまり悪いですが、数日経って気持ちも落ち着いただろうと思って…。寝室は暖かく過ごせるように整えてあり、今日あたり僕が帰ってくるのを待っていたのだなと思いました。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy