ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

緊張している時は「お腹に蝶々がいる!」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVEの土曜朝6時からの番組「POP OF THE WORLD」のワンコーナー「HARRY’S ENGLISH CLASS」(ナビゲーター:ハリー杉山・齋藤飛鳥)。

6月25日のオンエアは、冒頭で「How are you, Asuka?」と聞くハリーに「Not bad.(普通、まあまあ)」と齋藤が返答。「まあまあだよね、いつも。絶好調の時ってあるんですか?」と聞くハリーに「ないですね」と食い気味に答える齋藤のやりとりからスタートしました(笑)。

今回は少し趣向を変えて「洋楽の歌詞から英語を身近に感じよう」というレッスンを行うことに。そして齋藤が選んだ曲はビートルズの「It’s Only Love」。

「渋い曲が来ましたね…」と驚くハリーですが、齋藤の選曲理由は「あんまり邦楽でラブソングって聴かないんですけど、この曲は曲調が好きだったから、歌詞も好きになれるかな、と思って」とのこと。

この曲を選んだことにハリーが驚いた理由は実はもうひとつあり、ハリーは齋藤のブログを時々チェックしているそうなのですが、「最近どんな音楽を聴いてるのかなと思ったらSlipknot聴いてるらしいんですよ。Slipknotからのビートルズって、この幅どういうことなの!?」と思ったそうです。齋藤も実際Slipknotを選ぼうか悩んだそうですが「土曜の朝だしなと思って(笑)」やめたことも明かしてくれました。

この曲は「この気持ちは説明できないけど何なの? やっぱり愛なんだなあ…」という内容とハリー。歌詞の

It’s only love, and that is all. But it’s so hard loving you.

を直訳すると、

「それは愛、ただそれだけ。でも君を愛するのはなんて辛いんだ」

ハリー曰く「ゆるい、やわらかいアレンジの中で、失恋している人にはグサッと刺さる」歌詞なのだとか。

齋藤が気になった歌詞は、この部分。

When you sigh, my, my inside just flies butterflies.

「sigh」は「ため息」という意味なので「君がため息をつくと、自分の中身がとにかく落ち着かない」という意味になるそうですが、ここで使われている「butterflies」というのは「蝶々がまるでお腹にいるように落ち着かない」という表現なのだそうです!

「I’ve got butterflies」で「すごく緊張したり、混乱してコントロールできないくらいドギマギしている」という意味で使えるそうなので、「このフレーズを知っていると相当スゴイですよ!」とハリーはおすすめしていました。

もしかしたら、齋藤との握手会で緊張したファンが、今後このフレーズを使ってくれるかもしれませんね!

【関連サイト】
「POP OF THE WORLD」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/popworld/

乃木坂46齋藤飛鳥うっとり…その意外な洋楽とは?(2016年05月28日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/05/46-2.html

乃木坂46齋藤飛鳥、ハリー杉山の興奮具合に引く(2016年05月08日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/05/46.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP