ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ガジェ通秋葉原制覇】イギリスEU脱退!アキバの英国料理は大丈夫か!?『THE ROSE&CROWN』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

秋葉原周辺のグルメ制覇を目指すガジェット通信編集部。日本時間昨日(2016年6月24日)にイギリスで行われたEU脱退の是非を問う国民投票の結果、なんと大方の予想を裏切りまさかの「EU脱退」が過半数を占める結果となり、今後イギリスがEUを脱退する事がほぼ現実のものとなりました。またこれを受けデイビッド・キャメロン首相は辞任を表明、スコットランドはグレートブリテンからの独立をチラつかせ、ポンドは1日で20円以上安くなるなど大荒れの模様。ここで心配になってくるのがそう、アキバのイギリス飯! そもそも秋葉原に英国料理店なんてあるの? と訝しむかも知れませんが、ありました!

もちろん、ブリティッシュ・パブのオツマミ的な物ではなく、ガジェ通秋葉原制覇に相応しいがっつりランチなのでご安心下さい!

秋葉原ランチレポ『THE ROSE&CROWN』

場所は秋葉原駅電気街口から5秒


お店の場所はJR秋葉原駅の電気街口を右に抜けた、ガンダムカフェ等がある広場の角地のビル2階にあります。秋葉原に来たことのある人なら一度は目にしたことがあるであろう、ブリティッシュ・パブです。


パブにしては極めて珍しく、入り口付近にランチのサンプルが置かれています。筆者は本場ロンドンで毎日の様にパブに行っていましたが、食品サンプルを置いているパブは一度も見たことがありません。このことからも、如何に同パブがランチに注力しているかを窺い知る事ができます。


お店は2階なので階段を登ると、そこにはなんと「ローストビーフ」の肉塊が鎮座しているではありませんか! イギリスが誇る最強の肉料理ローストビーフを全面に押し出してくる辺りに、「イギリス料理」で勝負に来ている同店の気迫の様なものを感じます。

何故かタイ料理も。地味に豊富なランチの選択肢


とは言えここはれっきとしたブリティッシュ・パブ。お酒の種類に驚かせされると思いきやーー何故かランチに「ガパオライス」や「てっぱんトンテキ」を発見して驚愕。


レギュラーのメニューは、

日替わりランチ 900円
本日のパスタ 800円
粗挽きハンバーグ 900円
英国伝承R&C特製クラシックカレー(辛口) 850円
オムライス 900円
自家製ローストビーフ 1350円

など。もちろん筆者は『自家製ローストビーフ』(ライスorパン)を即決、注文しようとしたところまさかの

「ローストビーフ終わっちゃいましたー」

え、昼で終わっちゃうの!? あの入り口に見せびらかすように置いてあったローストビーフは一体……と悲しい気持ちになりましたが、
これでFinish!? な訳無いデショ! と気を取り直し『英国伝承R&C特製クラシックカレー(辛口)』 を選択。イギリスといえばカレーですよ。

ランチ特典も充実


暑い夏場には嬉しい事に、全てのランチにはドリンクバーがセットでついてきます。パブでドリンクバーとはいささか斬新な感じですが、ウーロン茶、アイスコーヒー、アイスティーがカウンターに置いてあり、その他ダージリンなど10種類以上の紅茶なども楽しむ事ができます。ブルーベリーティーなど、なかなか見かけないような種類の紅茶も置いてあるところが流石ヴィクトリアン・パブといった感じでございます。「紅茶が飲みたいネー」という提督に持ってこいなのであります。

・サラダ&ドリンクバー付
(アイスコーヒー・ウーロン茶・アイスティー・各種紅茶)
・ご飯・パスタ大盛りサービス
・分煙


店内の様子も、某パブチェーンの様なスポーツ感はあまりなく、天井の装飾などロンドンのウェストミンスター地区にあるような瀟洒な佇まいでございます。店内は分煙されているので、紅茶の香りを害されることもありません。優雅にランチの一時を過ごすには十分過ぎるかも知れません。なお、店員さんは英語ペラペラで外国人のお客さんに対応していました。流石ヴィクトリアン・パブ!


そうこうしている内に、注文したランチ『英国伝承R&C特製クラシックカレー(辛口)』が到着。


“いかにも”辛そうな濃い色をしたルーには、ところどころ大粒の香辛料が見てとれます。辛そう。


セットのサラダは一般的なコールスロー。


カレーをライスにかけてみた、の図。写真だと分かりづらいですが、かなり肉厚なビーフが沢山入っており、ジューシーで柔らかな牛肉を堪能することができます。
見かけどおり、味は香辛料がバッチリと効いたビーフカレーそのもの。辛口とだけあって、そこそこ辛いです。しかし、額から汗が噴出するような類いの辛さではなく、香辛料が滋味深く効く感じの辛さです。時たま香辛料の塊を噛み砕く食感がまたグッドです。クラシックカレーが如何なるものなのかは釈然としませんが、確かに香辛料貿易で潤っていた頃のイギリスが何故か目に浮かんできました。この値段でこの味のビーフカレーなら、かなりお得に感じます。


オーソドックスながらも非常に美味で味わい深いカレーを食べた後は、ゆっくり紅茶を頂きます。紅茶はティーパックですが、かなり種類があったので食後も十分に楽しむ事が出来そうです。なお、喫煙席側はアキバの駅前広場を一望できるので、ぼんやり人の往来を眺めながら時間を過ごしたい時には重宝するかも知れません。

「運命は浮気者」

という英国の格言があるらしいですが、ローストビーフではなく食べたカレーがここまで美味しいとは、時の運もなかなか侮りがたいですね。
頑張れイギリス! 負けるなイギリス!

店舗詳細情報

住所: 〒101-0021 東京都千代田区外神田1丁目18−18
電話番号: 03-3526-3038
公式サイト: [リンク]
ランチ時間: 11時〜14時30分


※データ・掲載情報は取材日時のものです。
※記事内容は記者自身の感覚に基づくものです。

おいしいランチ情報を編集部に教えてください

おいしいランチの情報をガジェット通信編集部までお寄せください。
店名、最寄り駅、お店のURL、あなたからの推薦コメントを添えて、ガジェット通信の情報提供フォームから投稿お願いします。

ガジェット通信情報提供フォーム

106の記事一覧をみる ▶
106

記者:

洋画や洋ゲーが大好物。基本的になんでも好き。スペイン語を勉強中。

TwitterID: @106yoyogi

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP