ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マイケル・ジャクソン追悼企画 マダム・タッソー東京で、マイケルが愛した『ひまわり』のインフィオラータを期間限定展示

DATE:
  • ガジェット通信を≫


体験型アトラクション施設「マダム・タッソー東京」が、「マイケル・ジャクソン」の命日となる6月25日に合わせた追悼企画として、MICHAEL JACKSON FOREVERと表した『ひまわりインフィオラータ』を6月23日(木)から6月26日(日)の4日間、施設内の「マイケル・ジャクソン」の等身大フィギュア展示エリアに設置している。
6月24日(金)・25日(土)・26日(日)の3日間は、来館者に『ひまわり』のフラワーポッドを配布。メッセージを書いてフィギュアの周辺に添える事ができ、「マイケル・ジャクソン」が『ひまわり』で囲まれた空間を作り上げていく。
生前「マイケル・ジャクソン」は、『ひまわり』を“ハッピーフラワー”と呼んで大好きだった。生きていれば現在57歳である年齢に合わせ、300本の『ひまわり』で制作した壁面インフィオラータと、270本の来館者の手で添えられる『ひまわり』メッセージポッドの計570本の『ひまわり』で追悼する。インフィオラータは、世界で活躍する花絵師かつアジアで唯一のインフィオラータ国際連盟の理事の藤川氏が率いる「インフィオラータ・アソシエイツ」がプロデュース・制作。

さらに、全世界のマダム・タッソーで唯一のアトラクションとして、今年4月に登場した新アトラクション『HOLOGRAM DANCE THEATER ~CELEBRITY&YOU~』に、6月25日(土)から「マイケル・ジャクソン」の演目が加わる。このアトラクションは、「レオナルド・ディカプリオ」や「ブラッド・ピット」、「マリリン・モンロー」といったハリウッドセレブや「レディ・ガガ」、「ビヨンセ」らアーティスト、「羽生結弦」選手の等身大フィギュア達と、3Dホログラムシアターの映像内で共演できるものだ。
今回新たに加わる、「マイケル・ジャクソン」の演目では、マダム・タッソー東京に展示している“BILLIE JEAN”時代の衣装をモチーフに、名曲である“Thriller”や“Beat it”、“Smooth Criminal”などのダンスで、マイケルとともに映像内で共演できる。

【施 設 名】 マダム・タッソー東京【所 在 地】 東京都港区台場1-6-1 デックス東京ビーチ アイランドモール3F交通:ゆりかもめ「お台場海浜公園」駅より徒歩2分、りんかい線「東京テレポート駅」より徒歩5分【営業時間】 10:00~20:00(最終入場19:00)※お盆やGWなど繁忙期は事前告知により変更になることがございます。【当日料金】大人(中学生以上):2,200円、小人(小学生以下):1,700円、3歳未満:無料※公式サイトでお得な前売りチケットを発売中。

【Nicheee!編集部のイチオシ】
【ソウル最新レポ】見た目が強烈なレインボーケーキを食べてみたら・・・
【大分「珍」グルメ】 大分人が誇る郷土スイーツ「やせうま」
ニューヨークで24時間営業! 「カップケーキATM」

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP