体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大人版キッザニア『仕事旅行』を体験! 眼鏡職人になる旅でオリジナルメガネを作ってみた

仕事体験・眼鏡職人main
こんにちは! ライターのノジーマです。
突然ですが、皆さんには憧れている仕事はありますか?

もし憧れている仕事が身近な仕事であれば、アルバイトなどを通じて実際に体験することもできますよね。
でも専門的な知識や技術が必要な仕事などは、なかなか実際に触れる機会がないもの。

そんな、普段の生活では体験できない仕事を実際に体験できる『仕事旅行』というものが注目を集めているようです。
実際に『仕事旅行』のホームページを見てみると、「漆塗り職人」「探偵」「日本語教師」などなど、確かにおもしろそうな職業体験のプランが目白押し!
子供向けの職業体験ができるテーマパーク『キッザニア』の大人版みたいな感じでしょうか。

というわけで今回は『仕事旅行』を実際に体験してみることにしました。
いったいどんな経験ができるのか非常に楽しみです!
 

眼鏡職人になる旅を体験!

そして今回選んでみたのは『眼鏡職人になる旅』というプラン。

眼鏡を作って35年という職人・佐藤八郎さんの元で1日弟子入りし、実際に自分に合った眼鏡を作ることができるという内容です。

職人さんならではのこだわりや仕事に対する姿勢を学べそうな気がしますし、しかも作った眼鏡は実際にもらえるというので一石二鳥!

ホームページから申込みをして、指定された日に西荻窪の眼鏡屋さん『glass工房602』へと向かいました。

仕事体験・眼鏡職人a

実際に作る眼鏡の形決めからスタート!

仕事体験・眼鏡職人b
時刻は午前10時。

まずはこの日実際に作る眼鏡の形を決めるところから『仕事旅行』がスタートしました。

眼鏡職人・佐藤さんの娘さんの説明を受けながら、どんな種類の眼鏡を作れるのかを教えてもらったのですが、結局はフレームから作るので、どんな形のものでも自由に作れてしまうのです!

仕事体験・眼鏡職人c
たとえばこんな仮面舞踏会のような眼鏡も作れちゃうのだとか……! 自由すぎる!!

でもこれはこれでおもしろいのですが、せっかく職人さんの元で眼鏡を作れるのですから、実用性の高い眼鏡を作りたいところ。

自由すぎると悩んでしまうので、お店の中で飾られている眼鏡を参考にして決めることにしました。

仕事体験・眼鏡職人d
仕事体験・眼鏡職人e
それでも種類が多くてなかなか決められませんでしたが、いろいろ試着した結果、フレームの細いチタンタイプの眼鏡を作ることに決定!

1 2 3 4 5次のページ
タウンワークマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。