体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

パワーは抜群だが、乗り心地と収納に不満が……【アルトワークス編・東京スマート軽ライフ】

自動車ライター、塩見智さんが軽自動車に約1ヵ月間乗り、東京での軽ライフをリポートする「東京スマート軽ライフ」。高級車が溢れる東京での軽ライフを赤裸々につづっていく。今回はアルトワークス編の第3回。

▲今回はゴルフにも行ってみたが、キャディバッグを積むと、リアシートが分割して倒せないため2人乗車しかできなくなる。これはアルトワークスの一つの欠点か……

▲今回はゴルフにも行ってみたが、キャディバッグを積むと、リアシートが分割して倒せないため2人乗車しかできなくなる。これはアルトワークスの一つの欠点か……

乗員を前後に揺らす動きに悩まされる

見栄の街、東京で、軽自動車に乗っていると引け目を感じるかどうかという実験を今週も継続している。前回、思ったほど引け目を感じないと書いたが、それは3週目の今も変わらない。一昨日あたりから、どうやったら「お金はあるんですけど、軽が好きで乗っているんですよ感」を出せるかに挑戦している。今のところ車外から見える上半身を小奇麗にしておくことぐらいしか思いつかないが。

▲アルトワークスのスポーティなメーターパネル。視認性は良好。レッドゾーンは7000rpm

▲アルトワークスのスポーティなメーターパネル。視認性は良好。レッドゾーンは7000rpm

▲タイヤはブリヂストンのポテンザRE050A。軽自動車としてはかなりハイグリップなタイプだ

▲タイヤはブリヂストンのポテンザRE050A。軽自動車としてはかなりハイグリップなタイプだ

当連載を始める前からアルトワークスには何度も試乗してきたが、そういえば高速道路をじっくりと走らせたことがなかった。今週は東名高速、関越道、圏央道など、関東の自動車専用道をいろいろと走らせる機会に恵まれた。高速道路でも車重670kgという軽さが利いて、最高出力64psというターボ付き軽自動車横並びのスペックでもパワー不足を感じることはない。

パワーに不満はないのだが、巡航中のピッチングの動きが気になってしかたない。ピッチングというのは乗員の頭を前後に揺らす動き。ワークスはノーマルよりも足回りが引き締まったセッティングなので、路面の不整を拾う度に車体がヒョコヒョコと動き、乗員を細かく揺さぶる。これは興ざめだ。現時点でのアルトワークスに対する最大の不満となっている。この先、他の車に切り替えていくなかで、これがアルトワークス固有の問題なのか軽全体に通じることなのか、見極めたい。

小物入れとラゲージに改良の余地あり

これはアルトだけの問題だと思うのだが、運転席まわりに使いやすい小物入れがない。小物入れはたくさんあるのだが、使いにくい。まずエアコンスイッチ類の横にあるスペース。これはCVT仕様だったらここにシフトレバーがある場所。これが容量、形ともに中途半端で、電話や財布を入れるには浅い。また底部にすべり止めがあるわけではなくプラスチック素材のままなので、何かを入れても加速するとすぐ落ちる。

▲元々小物入れとして設計されたわけではないので、イマイチ使いづらいエアコンスイッチ横の小物入れ

▲元々小物入れとして設計されたわけではないので、イマイチ使いづらいエアコンスイッチ横の小物入れ

センターパネルの一番下のシフトレバーの前方には、そこそこ大きい小物入れがあるが、こっちは位置が低すぎて入れにくく、入れたら出しにくい。あとはフロント左右のドアサイドにポケットがあるが、サイズは小さく、入るのは文庫本か雑誌くらい。うっかりボールペンでも入れようものなら鳥もちでも持ってこないと出せなくなる。

1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。