体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ガジェ通秋葉原制覇】秋葉原で一番人気の牛カツの店に行ってみた結果…… @『牛かつ壱弐参』

ichinisan024_R

それとなく秋葉原の制覇を狙うガジェット通信ですが、おかげ様で筆者(YELLOW)の体重は増えるばかりで御座います。

しかし!

ラーメンと揚げ物だけは辞められない性分なので、ダイエットの事は未来の自分に任せて、今は食べる方に専念すべきではないでしょうか?

いつも行列な『牛かつ壱弐参』

ichinisan021_R

最近は人がやたらと多い秋葉原ですので、人気のある店ともなればランチタイムの行列は当たり前です。

そんな行列必須の人気店でも、ダントツ一位の行列の長さを誇るのが、この『牛かつ壱弐参』なのです。

ゆえに“牛カツ”という大好きなメニューであるにも関わらず「ノー・モア・行列」を信条とする筆者は今までスルーしていました。

ichinisan000_R

しかし!

“秋葉原制覇”と言う事は行列店ですら制覇する必要があるので、プロフェッショナルとして訪れてみた次第です。

人気店はオープン前から並ぶべし!

ichinisan002_R

行列に並ぶという事は人生の一部を捨てているようなモノなので、並ぶ時間は少ない方がベターです。

と、なると人気店は開店時間の30分前くらいに並ぶのがベストでしょうか?

30分前に並べば大抵の場合はファーストロットに入れるし、7割以上の確立でセカンドロットには入れます。これなら一回転、二回転くらいで座る事が出来るので、並んでいる時間が1時間を超える事はないはずです。

ichinisan006_R

しかし!

この『牛かつ壱弐参』は筆者も久しぶりに小一時間並びました……。

なんて言うか、めちゃめちゃ回転が悪いようで、お客さんがなかなか出て来ない的な何かです。

レアな牛カツと言う料理の場合、調理に時間が掛かるとも思えないのですが、これは一体……。

並んでいる最中に、店員さんがメニュー表を持って来てオーダーを聞いてくるので、貧民な筆者はとりあえず

「牛かつ麦飯セット100グラム」(1100円)

的な何かにしてみました。確実に肉100グラムでは足りない予感ですが仕方ありません。

ichinisan004_R

行列の中で階段に差し掛かった辺りに、オススメの食べ方みたいな張り紙があるので読んでみると

「好みの火加減まで自分で炙る!」

みたいな謎システムを発見しました。いや、恐らくは保健所対策だと思いますが、牛カツってカツじゃん?

焼いたら焼肉になっちゃうだろ感が筆者の中に盛り上がって来ました。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy