ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

OnePlus 3のRAM管理機能はバッテリーの持ちを重視した設計。サードパーティのROMでチューニング可能

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Oneplus の最新フラッグシップ「OnePlus 3」は RAM を 6GB も積んでいるので、3GB や 4GB の端末よりも多くのアプリで実行状態を維持できると期待されているのですが、報告ベースだと、実行状態を保持できるのは 3 ~ 4 アプリほどで、体感的には OnePlus 3 よりも RAM の少ない端末と同程度だと伝えられています。OnePlus の Carl Pei 氏は期待よりも多くのアプリを保持できないことについて、Twitter で見解を述べてました。彼のツイートによると、OnePlus 3 の RAM 管理機能はバッテリーの持ちが最大化するように設計されているそうです。つまり、公式 ROM ではパフォーマンスよりもバッテリーの持ちを重視した設計ということです。しかし、同氏は RAM 管理をサードパーティ ROM が自由にカスタマイズできることに言及しています。具体的には、build.prop ファイルの「ro.sys.fw.bg_apps_limit」パラメータをデフォルトの「20」よりも大きい値に設定することです。これで実行状態を維持できるアプリは増えるものの、多くのアプリが CPU を使用するのでバッテリーも多く消費されます。Source : Twitter

■関連記事
上海問屋、カメラ目線のワンちゃん写真を撮影するのに役立つ補助グッズ「DN-914015」を発売
Samsung、Galaxy Note 7(SM-N930F)のUAProfを公開
セブン銀行、スマートフォンをキャシュカード代わりにATMでお金を引き出せる新サービスを来春開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP