ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

18歳社長・椎木里佳さんが、あの政治家に直撃! ~マガジンハウス担当者の今推し本『大人たちには任せておけない!政治のこと』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

こんにちは、マガジンハウスです。選挙権年齢が引き下げられ、いよいよ今夏から18歳、19歳のティーンエイジャーによる投票が始まりますね。今回おすすめしたいのは、是非今すぐに読んでいただきたい、実にタイムリーな一冊です。著者の椎木里佳さんは、TVなどでの活躍でご存知の方も多いでしょう。なんと15歳で起業し、代表取締役社長として会社を経営しながらも、現在は慶應大学の学生でもあるという、非常にアグレッシブな女性です。今年やっと19歳になるという、まさに18歳選挙のど真ん中世代の彼女が出した選挙本はどんな内容なのか? 編集を手掛けたKさんに聞いてみましょう!

――――Kさん、おつかれさまです! まずはこの本が作られた経緯を教えていただけますか? 手短に。

K 「手短に……。えと、まず選挙権年齢引き下げに合わせて、気軽に読める政治入門書を作ろうと考えて。今の時代らしい18歳の人に本の案内役をお願いできたらと思い、まっさきに思い浮かんだのが椎木さんでした」

――――確かに。あとはオコエ瑠偉選手とか。

K 「椎木さんは、経営者としては既に数年のキャリアがありますし、経営の著書も出されている。社会に貢献していきたいという、強い意志もある。でも、実は1年くらい前までは正直、あんまり政治に興味が持てなかったそうなんです。それが、いろんなきっかけで(詳しくは本をお読みください)、もっと政治をとやかく言いたい!と思うようになった、と」

――――意外でした。が、それがかえってこの本の読みやすさにつながったのでしょうね。

K 「そうですね。大人だって、普段から政治に高い関心を寄せている人ばかりではないですよね。だけど、政治なんて俺には一生関係ない、と言い切れる人もきっと少ない。みんなどこかで分かりたいけれど面倒くさい……というのが本心なんじゃないでしょうか。この本は、あえて難しい解説ナシに椎木さんの会話だけで展開しているので、気軽に読んでみてください」

――――この本では、椎木さんが現役の政治家のみなさんに直撃インタビューをされていますが、もちろん経営者やマーケッターとしての視点もありつつ、ごく普通の18歳の女の子の感性もあっていろいろ興味深かったです。

K 「椎木さんはしっかりと自分というものを持っているけれど、既存の価値観から自由というか、縛られないタイプ。こうだからこう、こうしなくちゃ、という決めつけがないんです。だからこそ、政治についてもっと知りたい!という思いをいち早く行動に移せて、とてもフラットな問いかけができたんだと思いますよ」

――――対談相手というのがこれまたすごい方々ばかり。枝野幸男さん、蓮舫さん、石破茂さん、奥田愛基さん、そしておときた駿さん、松田馨さんのインタビュー。この人選はどのように?

K 「今お会いしてお訊きしたいことがある方々というのが前提ですが、18歳の椎木さんから59歳の石破さんまで、政治に関わっている10代~50代、各世代の発言を1冊に収録したいと思いました。スケジュールと紙幅の都合から、あらゆる立場の方の政治的ポリシーを網羅するのは不可能だったので、せめて時代観やそれぞれの世代なりの問題意識を浮き彫りにできればと思って」

――――言い方はアレですけど、豪華ですよね。

K 「ええ。政治の分野でご活躍されている方々は一言一言の力が強いし、一瞬でその場を制する空気というか、オーラがおありでした。反対にSEALDsの奥田さんは、とてももの静かな佇まいで、自分の世代にはいなかったタイプの新しいリーダー像なのかもしれないなあと思いました」


中身をちょっとだけチラ見せ。SEALDsの奥田さんは同世代ということもあり、「意識高い系」についてのトークも。

――――蓮舫さんに、「女性の議員が色の濃いスーツを着るのはなぜ?」と聞いたり、石破さんに「国家権力って、そもそも何なんですか?」……と訊ねたり、共感できるくだりも多かったです。

K 「椎木さん自身も、どんな話をしたら自分も含め若い子たちが政治へのハードルを下げられるんだろう、投票に行くモチベーションを上げるにはどうしたらいい?……と真剣に考えていて、いろんな角度から質問をしています」

――――「そんなことも知らないの?」とか、「そんなことを知りたがってどうするの?」とか、そういう風に言われるのが恥ずかしくて、結局政治そのものに距離を感じている人もいますもんね。

K 「そうなんです。この本の対談のページでは、椎木さんの発言も政治家のみなさんのお話も、わりとそのまま掲載しているので、えっ、ここでこんなこと言っちゃっていいの!?という本音が、たくさん詰まっています。ぶっちゃけ候補者はどこを見て選んだらいい?など、いますぐに役立つ選挙攻略法も載っているので、パラパラ読んで“なんか面白そうだから今回は選挙に行ってみようかな”と思う人がいてくれたらいいなと思います」

――――言ってみれば、マガジンハウスもなんていうかノンポリな企業イメージですが、そんな会社から出版することにも意味があるんですね!

K 「それはなんとも言えませんが(笑)、こんなふうに雑談してみるところから始めてもいいんだ、と思ってもらえたらと。最初から立派な知識やリテラシーがないと政治を語っちゃダメ、勉強してからじゃないと選挙に行っちゃダメ、ということでもないと思うんです」

――――なんか、椎木さんを見ていると、未来が明るく思えるんですよね。そういう意味では、若い世代だけじゃなく、我々オーバー初老世代も読むべき本かと。

K 「はい、年齢、支持政党問わず(笑)読んでいただけたら嬉しいです」

――――Kさん、今日はありがとうございました!

もいっちょ中身をチラ見せ。あっ、蓮舫さん、都知事選はどうなるんですか?(とは本書では聞いてません)

今週の推し本

『大人たちには任せておけない!政治のこと』 椎木里佳 著
ページ数:168頁
ISBN:9784838728565
定価:1,404円 (税込)
発売:2016.06.16
ジャンル:ノンフィクション

[http://magazineworld.jp/books/paper/2856/]

発売記念イベントのお知らせ

この本の発売記念サイン会を、
渋谷の大盛堂書店様にておこないます。

日時・場所:6/24(金)17:00~
詳細は、下記の大盛堂書店様サイトでご確認ください。
http://www.taiseido.co.jp/event20160624.html[リンク]

マガジンハウス PR担の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP