体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ガジェ通秋葉原制覇】ノー・モア・コッテリ!シンプルな“中華そば”が食べたい時はココだ! @『田中そば店』

tanaka-siosoba021_R

ガジェット通信の引っ越し先である秋葉原には、数多くの飲食店があります。というわけで秋葉原を制覇する為に、日々“脂肪”を蓄える筆者(YELLOW)ですが、あえて言おう!

「たまにはサッパリしたラーメンが食べたい!」

そんなオッサン(43歳独身)の夢を叶える店が、この『田中そば店』で御座います。

誰にでも入りやすい『田中そば店』

tanaka-siosoba003_R

店内も広く清潔感があり、店員さんも多いのでオペレーションもしっかりしています。

tanaka-siosoba007_R

なので誰にでも入りやすいラーメン屋さんでして、最近はちょいちょい並ばないと食べられない人気店で御座います。

『中華そば』を所望する!

tanaka-siosoba002_R

券売機は店の外にあるのですが、案内係的な店員さんが行列を整理しているので、まず食券を買い忘れる事はないでしょう。

いきなり上位機種から攻略すると、次回からの記事がショボくなるので、まずはベーシックスタンダードなラーメンから押さえるのが、筆者の流儀で御座います。

tanaka-siosoba001_R

というわけで、『田中そば店』で基本となる『中華そば』(750円)の食券を購入して順番を待ちます。

『中華そば』を食す!

tanaka-siosoba022_R

オペレーションがスムーズなので、待機時間は短めでしょうか?

店内に案内されて座ってからも、待ち時間は少な目で早々と筆者の『中華そば』が提供されました。

いかにも『中華そば』らしい端整なビジュアルのラーメンで、見た瞬間から美味しいであろう事が予想出来ます。

スープの完成土が高い『中華そば』

tanaka-siosoba025_R

かなりあっさりしているスープなので、最初は豚骨ベースのスープだとは思わないくらい澄んだ味です。

豚骨は煮立たせると白濁してしまいますが、火加減さえ的確であれば淡麗系のスープも作れます。

昔は豚骨であればコッテリ系で、鶏ガラベースであれば“あっさり系”みたいなイメージですが、最近では豚骨で淡麗系のスープを狙ったり、鶏ガラでコッテリ系(鶏白湯など)を作るので、色々な店のラーメンを食べて自分の好みを探すのも面白いですね。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy