ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

国内MVNOサービスの利用動向調査で楽天モバイルがシェアトップに(ICT総研)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ICT 総研は 6 月 15 日、今年 6 月に実施した国内 MVNO サービスに関するアンケート調査の結果を発表しました。ICT 総研が公開した調査結果は多岐に渡りますが、この記事で注目したのは、MVNO サービスのランキングとメーカー別の利用者満足度です。シェアは、トップが「楽天モバイル」(17.0%)、「OCN モバイル ONE」(16.5%)、「IIJmio」(12.4%)、「BIGLOBE SIM」(9.5%)、「mineo」(9.1%)でした。他社の調査結果の場合、トップシェアは OCN モバイル ONE でしたが、ICT 総研の調査では楽天モバイルが僅差で OCN モバイル ONE を上回っています。MVNO を購入する上で多くの方が重視するのは、おそらくコストパフォーマンスの良さと通信速度の実測値が速いことだと思います。ICT 総研の調査結果の中で上記に関わる部分の満足度トップは、「コストパフォーマンスの高さ」が楽天モバイル(82.5 ポイント / 100 ポイント)、「データ通信の品質・安定性」が BIGLOBE SIM(75,8 ポイント / 100 ポイント)、「データ通信の速度」が UQ mobile(71.8%)でした。Source : ICT 総研

■関連記事
OnePlus、OnePlus 3の公式紹介動画を公開
HTC、HTC 10にGoogleのセキュリティパッチを含むアップデートの配信を開始
ソフトバンクの法人向けモバイルデバイス管理サービスがAndroid fpr Workに対応

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP