ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

デッドプールが『ガジェット通信』に再降臨! 俺ちゃんが“何度でも映画を観たくなる小ネタ”を解説

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

ハロー、アゲイン。デッドプールだよ。

ラブリーでクレイジーなみんなのおかげで、映画『デッドプール』は日本でも大ヒットスタートを記録。2016年はアメコミ映画大豊作の年だけど、俺ちゃんのことを「伏兵」「箸休め」なんて思ってたヤツ、ざまあみろッ!

劇場特典“手乗りデップー”のゲットに失敗したアンラッキーな諸君、心から残念に思うよ。その埋め合わせとして、またまた俺ちゃんがガジェット通信に降臨。今回は『デッドプール』がもう一度観たくなるよう、映画の引用を中心に小ネタをいくつか紹介するよ。ホントは自分のギャグを自分で解説するなんて、メチャクチャ恥ずかしいんだけどね。俺ちゃん、思わず赤面(マスクだろ!)

……えっ!? まだ映画を観てない悪い子がいるって? 今からネタバレ全開で解説するから、ヴァージン野郎はページを保存して今すぐ劇場に直行だ!

「緑色のコスチュームはイヤだよ」

コレは人体実験を受ける直前にウェイド・ウィルソンが発したひと言。もちろん2011年の映画『グリーン・ランタン』のことを指している。

かつて緑色のコスチュームを着たヒーローだったライアン・レイノルズは、ウェイドになってもその悪夢(悪夢の理由はお父さんに聞こう!)を忘れることができず、思わず映画の枠を超えて叫んでしまったんだね。

でもライアンは、あの映画で今の奥さん(ブレイク・ライヴリー)とイイ関係になったワケだし、結果オーライだったと思うよ。オープニングクレジットにもグリーン・ランタンのカードが登場していたのは言うまでもないよね!

「口を縫うぞ!」

人体実験の最中にも軽口が止まらないウェイドに対して、フランシス(エイジャックス)が脅しをかけた台詞だ。みんなは、我らがヒュー・ジャックマン主演の映画『ウルヴァリン: X-MEN ZERO』って大傑作を知ってるよね。

その当時もライアンがデッドプールっぽいキャラクター(議論の余地あり)を演じていたんだけど、なぜか口を縫い付けられて、お喋りができないようにされてしまったんだ。もう、俺ちゃんの魅力が台無し!

今回もヒヤッとしたけど、無事にお喋り解禁でヌルハゲの汚名も返上。ちなみに、劇中のどこかで大クレームを浴びた当時の姿のアクションフィギュアが登場するから、目を凝らして探してみてね(ヒント:「お気に入り」)。

「放射線を浴びた犬に噛まれたみたいな顔だろ?」

俺ちゃんの醜い顔を治すべく、ハイウェイでフランシスに詰め寄ったシーンより。コレは、相思相愛だけど大人の事情で共演が難しい(俺ちゃんにも破れない壁が……!)スパイダーマンにオマージュを捧げた台詞だ。ほら、スパイディは“放射線を浴びた蜘蛛”に噛まれたって話だろ?

ついでに、エンドクレジットのアニメーションでも、蜘蛛糸にぶら下がって親愛なる隣人の真似ごとをしてたんだけど、気付いてくれたかな?

犬と言えば、コミックでも大人気の犬版デッドプールこと、ドッグプール(デッドプール・ドッグ)も劇中に登場しているぞ。鑑賞1回目では、さすがに見つけられなかったハズ!

「マカヴォイ? スチュワート? 時系列が混乱して……」

銀色ことコロッサスに「プロフェッサーXに会いに行くぞ」と言われて、俺ちゃんが返した台詞。

『X-MEN』シリーズでは、ジェームズ・マカヴォイとパトリック・スチュワートが、それぞれ若い頃と年配のプロフェッサーXを演じている。でも、あのシリーズは時系列が行ったり来たりして混乱しちゃうから、俺ちゃんが一発カマしてやったってワケ。

X-MENと言えば、あんなに大きな屋敷(恵まれし子らの学園)にミュータントが2人だけってのは、やっぱり変だよね。あ、ヒュー・ジャックマンの友情出演(?)には感謝してるよ。

人体実験の研究所では、背中からトゲのような骨が飛び出した女性ミュータント、マロウらしきキャラクターも映ってたけど、分かったかな?

「夢でリーアム・ニーソンが娘を誘拐した俺を追ってきて……」

コレはもちろん映画『96時間』(原題:『Taken』)シリーズのことだ。家族を何度も狙われるなんて、リーアムってホントにバカだよね。

この台詞の場面で流れているBGMは、『リーアム・ニーソン・ナイトメア』って曲なんだぜ。サントラも使ってディスっちゃう俺ちゃんってどうよ? ジャンキーXLことトム・ホーケンバーグが手掛けたオリジナル・サウンドトラックもチェックしてくれよな!

映画『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』も、ジャンキーが手掛けたワンダーウーマンのテーマ曲だけは良かったよね(他社の悪口はやめとけ!)。

隠れミ○キー

「ここまでのネタは全部分かっていたよ!」というギークたちも少なくないハズ。でも、最後にとっておきのマニアックな情報を紹介しちゃうよ。

実は、劇中のどこかに“隠れミッ○ー”が存在するんだ。ネズミが牛耳る某夢の国と戦争になっちゃうから、詳細については伏せておくけどね。

その他、『ライオン・キング』、『マトリックス』、『スター・ウォーズ』、『127時間』みたいな分かりやすいネタから、『アメリカン・ビューティー』、『ノッティングヒルの恋人』、『オースティン・パワーズ』、『フルメタル・ジャケット』、『イースタン・プロミス』などなど、オマージュのネタ元は多岐にわたる。

細かいネタを拾えばキリがないのだけど、何度でも劇場に足を運んで確認してくれ。続編の出来(予算)は、君たち次第だぞ! ハハッ!

ガジェット通信の映画『デッドプール』特集も要チェックだ!
http://getnews.jp/deadpool

(C) 2016 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.
(C) 2011 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. TM & (C) DC COMICS.
X-Men Character Likenesses TM & (C) 2009 Marvel Characters, Inc. All rights reserved. TM and (C) 2009 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

デッドプールの記事一覧をみる ▶
デッドプール

記者:

よい子のみんな〜、デッドプールだよ。 ガジェット通信で記者デビューしちゃったぜ!ハハッ! 映画『デッドプール』は、6月1日(水)TOHOシネマズ日劇他にて全国ロードショー。

ウェブサイト: http://getnews.jp/deadpool

TwitterID: DeadpoolMovieJP

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP