体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

御伽ねこむも登場! 2016年夏開始予定スマートフォン向けTCG『WAR OF BRAINS』発表会レポ

00000011

本日6月14日、株式会社タカラトミーはスマホ向け新作カードゲーム『WAR OF BRAINS』のプレス向け発表会を行った。場所は弊社ガジェット通信フロア。『デュエル・マスターズ』『WIXOSS』といった、様々な年齢層に広く親しまれるTCGを展開している同社が作る完全新作TCGだけあり、多くの関心が集まる発表会となった。ここではゲストとして登場した人気コスプレイヤーの御伽ねこむさんや、開発陣の製作秘話、そして気になるゲームの概要などをお伝えする。

タイトルロゴ

『WAR OF BRAINS』とは

デッキ構築

『WAR OF BRAINS』は6月14日(火)より事前登録が開始された超本格的カードゲームが楽しめるスマートフォン向けアプリ。アプリの配信は2016年夏が予定されている。
『WAR OF BRAINS』は『WIXOSS』と同様タカラトミーが原作・世界観の設計・販売を担当、ホビージャパンがゲームデザインを担当するという強力タッグによって誕生したデジタルカードゲームだ。180種類のカードから40枚でデッキを構築する。カードには「ユニット」「スペル」「トラップ」などの種類があり、それぞれに固有の能力が設定されている。カードは別途7枚入りの「パック」の購入などにより、種類・枚数を増やすことができ、戦略性と対人戦の駆け引きの面白さ、カードを揃えていくコレクション性の高さが特徴だ。

対戦画面-

対戦画面

00000002

発表会ではまずタカラトミー取締役事業統括本部長の鴻巣崇氏が登壇。同ゲームが企画段階から非常に完成度が高く、すんなりゴーサインを出した事を明らかにした。

00000003

商品説明には同社カード企画部部長の佐戸憲一氏が登壇。本ゲームの制作プロセスを語った。

プロモーションビデオに興奮する司会の吉田尚記さん

00000001

本日の発表会司会には、ニッポン放送アナウンサーの吉田尚記氏が登壇。屈指のアニメ好きで知られる吉田氏だが、発表会で上映された『WAR OF BRAINS』のPVを大絶賛。「これネットで見れないですかね?」と興奮した様子だった。PVはプロダクションIGが担当しており、非常に精細で重厚な世界観が印象的。

ストーリー:
A.D.2091。インターネット及びコンピュータの発達、及び強国の戦争疲弊により、紛争の勝敗を「国際電子裁判所」による「模擬実験」に委ねる事となった。時を同じくして、謎のIT企業「Godbook Inc.」が誕生。同時に電子カードゲーム「WAR OF BRAINS」を発表する。
「国際電子裁判所」が「模擬実験」の要素の一つとして公開していた「The strategy」。これが「WAR OF BRAINS」の成績を参考にしているという噂が世界各国に爆発的に広がった。各国は「WAR OF BRAINS」での自国存在感を重視。軍事予算は「WAR OF BRAINS」に充てられ、強力なカードは裏社会の国際通貨となった。戦争はカードゲームに形を変え、もともと軍事力を持たない国に「WAR OF BRAINS」という武器を与えた。

『WAR OF BRAINS』PV

「耳で楽しむ」カードゲーム

00000005

アナログカードゲームでは不可能だった要素として、本ゲームでは音にも注力しているという。
サウンドにはPlayStationの起動音を制作した藤澤孝史氏や『ジェットセットラジオ』で著名な長沼秀樹氏が参画。プレイヤーを世界観に惹きこむ臨場感溢れる音楽を多数収録している。最高レアリティの「GAME CHANGER (ゲームチェンジャー)」登場時には、BGMが変化し対戦を盛り上げるという。
田村ゆかりさん、佐倉綾音さん、内田真礼さん、上坂すみれさん、悠木碧さんなど“超”が付くほど豪華な声優陣がカードに登場する「ユニット」に命を吹き込む。

1 2次のページ
ゲーム
106の記事一覧をみる
106

記者:

ネット・オタクカルチャー全般に対応。専攻は歴史学。ガジェット通信では生放送業務全般にも従事。1年の1/3は海外。将来の夢は宇宙飛行。

ウェブサイト: http://ktus.hatenablog.com/

TwitterID: @106yoyogi

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。