体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

時間のムダを減らし、業務を効率化するために見直したい4つのポイント

女性活躍推進を背景に「ワーク・ライフバランス」の整備に取り組む企業が増えています。労働時間の削減も課題の一つ。人事評価の面でも「時間当たりの生産性」を重視する方向へと動いています。仕事を効率的に進めるスキルが、より必要とされるようになってきました。では、仕事を効率化するために、何から手をつければいいのでしょうか。

そこで、「働き方の見直しコンサルティング」を手がける株式会社ワーク・ライフバランスのコンサルタント、永田瑠奈氏に、個人で取り組める効率化の方法を教えていただきました。

見直すべきポイントは4つ。「時間の組み立て方」「スキマ時間の使い方」「オフィスでの動線」「職場コミュニケーション」です。

f:id:tany_tanimoto:20160609134933j:plain

1.時間の組み立て方を見直す

まず朝の就業前に、1日の予定を組み立てます。「10:00~11:00 打合せ」「11:00~11:30 Aさんに資料作成のレクチャーを受ける」など、30分単位で時間とともに仕事を組み立て、それぞれの所要時間を朝のうちに予測しておきます。

そして、終業後、予測と比べてどうだったのかを振り返ります。長引いた場合は、なぜそうなったのかも検証。すると、「上司に相談して判断しなければならなかったが、席を外していたので待っていた」「問い合わせのメールが来たので手を止めて対応した」など、予定が乱れる要因をつかむことができます。

これを毎日繰り返すことで、自分が時間をどのように使っているかを客観的に分析、理解できるように。「上司に相談するならこのタイミングで」「この時間帯は電話が入りやすいので集中力が必要な仕事はしない」「この作業はこの時間帯のほうがはかどる」といったように、ムダなく仕事を組み立てられるようになるでしょう。

まずは、自分の傾向をつかむため、予定と結果を検証する作業を「筋トレ」のつもりで続けてみてください。

2.スキマ時間の使い方を見直す

勤務時間中、「打ち合わせが早く終わって次のアポイントまで少し時間がある」など、空き時間ができることがあります。こうした10分~30分程度の「スキマ時間」を有効活用することで、労働時間の短縮を図ることができます。

多くの人は、空き時間ができた段階で「じゃあ、何をしようか」と考えます。すると考えているうちに時間が過ぎ、せっかくの空き時間をムダにしてしまうことに。そこで、あらかじめ「スキマ時間ができたらやること」をリストアップしておくことをお勧めします。

例えば、スキマ時間にやることを、1つの作業につき1枚の付せんに記し、手帳の裏表紙などに並べて貼っておきます。スマホのメモ帳アプリに入力しておいてもOK。このとき、その作業にかかる所要時間も書き添えておくといいでしょう。そうすると、10分のスキマ時間ができたときにリストに目を通し、「10分あるからこれを片付けられる」と即座にとりかかることができます。

外出が多い人であれば、「歩きながらできること」をリストに加える手も。「○○社に電話する」「**のプランを考える」「プレゼンのシミュレーションをする」など、歩きながらできる仕事は結構あるものです。

3.オフィスでの動線を見直す

仕事中、「ムダに過ごしている時間」があるとすると、その多くは「探し物をしている時間」だと言われています。目当ての資料が見つからず、ファイルや引き出しのあちこちをゴソゴソ…で時間をムダにしてしまうというわけです。

そこで、紙の資料の場合は、一旦すべてを外に出して、「よく使うもの」「ときどき使うもの」「普段は使わないがいずれ使うかもしれないもの」「使わないもの」の4段階に分類します。そして、それを使用する場面での「動線」を想像し、置いておく場所を決めてください。例えば、よく使うものはデスク上のファイルボックス、たまに使うものは引き出しの手前、あまり使わないものは引き出しの奥、というように。

よく使うものについては、出して戻す際、ファイルボックスの「一番右」に差し込む習慣をつけるのもおススメ。再度使う際には、ファイルの右側を探ればすぐに手に取れます。使用頻度が低いものは次第に左側に集まるので、どこかのタイミングで引き出しに移すか処分するかの判断をしましょう。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy