ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

テープ起こしの必要がなくなる?音声データを即時にテキスト化できる「Trint」はかなりの正確さ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

インタビューや講演、会議などで録音したヒトの言葉を文章にする“テープ起こし”は、音声データを聴きなおし、キーボードで文字を入力するというマニュアルな作業。

多くのジャーナリストは、日常的に、記事執筆に着手する前、取材活動を通じて収集した音声データを聴き、手作業でテキスト化している。

このように旧態依然とした非効率な作業を自然言語処理(NLP)のテクノロジーによって革新しようとしているのが、英ロンドンで開発された「Trint(トリント)」だ。

・音声からテキストに自動変換

「Trint」は、音声ファイルや動画ファイルをアップロードすると、90%以上の正確性で、音声をテキストに自動変換できるソリューションだ。

テキスト化によって、長時間にわたるインタビューやスピーチも、瞬時にキーワードで検索できるようになる。

また、「Trint」では、自動変換されたテキストが、単語ごとに音声とリンクされる仕組み。

テキストをクリックすると、その音声が再生されるので、テキストの見直しや修正を効率的に行うことができる。

・ジャーナリズム分野に変革をもたらすソリューション?

「Trint」の共同創設者で最高経営責任者(CEO)を務めているのは、オーストラリア放送協会(ABC)や米CBS放送局などで記者として活躍したJeff Kofman氏だ。

Kofman氏は、ジャーナリストとしての豊富な経験から、「Trint」を通じて、いわゆる“テープ起こし”を効率化し、正確な情報をより早く発信できる環境を整えようとしている。

「Trint」は、ジャーナリズム分野の従来のプロセスに変革をもたらしうるソリューションとしても、注目に値するといえよう。

Trint

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP