ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

千年の秘湯。森の時間が流れる青森「蔦温泉」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

森に抱かれる旅に出ませんか。青々としたブナ林にある一軒宿は、森の時間へとあなたを誘います。そして千年の時を経て、いまなおこんこんと源泉が湧き出る温泉。八甲田山の麓にある蔦温泉は、青森県の秘湯。トリップアドバイザーで評価4.5 という評価の高さを得ています。


(C) アプティネット

森と対話する時間

宿は「蔦の森」に抱かれています。夏は新緑、秋は紅葉の素晴らしさは、実際に訪れなければわからないでしょう。ブナの原生林の中に佇むと、心の扉が開かれていきます。

平安時代から、湧き出る湯

久安3年(1147年)から湯治小屋があったことが文献に残っているそうです。

【泉響の湯】
作家井上靖氏が、蔦温泉の雰囲気を「泉響颯颯」(せんきょうさつさつ=泉の響きが風の吹くように聞こえてくる、の意)と表したことから名付けられました。天井が高く、開放感があります。


(C) アプティネット

【久安の湯】
湯船底板の隙間からぷくぷく湧き上がる、源泉の透き通った湯。湧出ポイントに板を貼った、「源泉湧き流し」です。ブナ材の湯船や壁、天井で、木の温もりが落ち着きますね。浴場内の水槽では、この地に生息する川魚達が泳ぎます。男性・女性時間入れ替え制。源泉が47.3度と熱めのため、森の湧き水で温度調整。


(C) アプティネット

xhttps://youtu.be/Npm3JAe1q9U

【青森県青森市 蔦温泉旅館 久安の湯 秘湯源泉掛け流し】

立ち寄り入浴可能
利用料:大人800円
利用時間:10時~16時
ハンドタオル 250円/バスタオル(貸出し)500円


日帰り専用の休憩所「楓の間」は、もともと宴会場だったので、広々。ロッキングチェアで、温泉の余韻を楽しめます。


(C) facebook/千年の秘湯 蔦温泉

2016年3月、特別室3部屋がリニューアル


ななかまど (C) facebook/千年の秘湯 蔦温泉


かつら (C) facebook/千年の秘湯 蔦温泉


しゃくなげ (C) facebook/千年の秘湯 蔦温泉

【蔦の森】散策へ

蔦の森へは宿から遊歩道が整備され、1周約3キロ。無理なく安心して歩ける遊歩道で、6つの沼を1時間ほどで巡ることができます。


(C) アプティネット

近辺の蔦沼が美しい

 
蔦沼は美しく、水面に周辺の木々を映し、魚が泳ぐ姿が見られます。


(C) アプティネット

深い森から、野鳥のさえずりが聞こえてきます。


(C) アプティネット

湖面に映るブナの林は、合わせ鏡のような一対。


(C) facebook/千年の秘湯 蔦温泉

散策の参考にしたい「十和田湖・奥入瀬渓流楽しみ方ガイドブック」。

秋は、息を呑むような錦秋の絶景。この時期にも、行きたくなりますね。

日帰りでも利用できますが、是非宿泊して、千年の湯の奥義を極めたいもの。温泉は入った時は爽快、出た後は湯冷めせずに身体がぽかぽかと温まる極上の湯。夕食は地元産を中心に岩魚、シーズン時には殻付きのウニなども出て、利用者の評価が高いようです。森と対話しに、千年の秘湯に浸かりに、出掛けましょう。首都圏では味わえない雰囲気が、手に入りますよ。

[蔦温泉]
[Photos by Shutterstock.com]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP