体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ガジェ通秋葉原制覇】祝!20周年記念であの店が20個1000円のサービスを展開中! @『雁川』

gan-gyouza024_R

さりげなく秋葉原を華麗に制覇するガジェット通信の“秋葉原制覇”ですが、ココで残念なお知らせで御座います。

「無理して書かなくてイイっすよ!」(編集部 談)

先日、背伸びして『フルーフ・デゥ・セゾン』という秋葉原の正統派フルーツパーラーの記事を書いてみた筆者ですが、やはりスイーツは筆者(YELLOW 43歳独身男性)に向いてないだろうと結論になりました……。

薄々感じてはいたのですが、まあ試してみなきゃ分からないし、書かない事には上達しないのでチャレンジしたのですが、確かに客観的に見ても筆者が書くジャンルではないのは否めません。

せっかくの優良店なのに筆者がチカラ不足ゆえに、記事として書いた本人も首を傾げるクオリティーに終わってしまい、誠に申し訳ない気持ちで一杯かもしれない予感で御座います。

今後は自分に書けそうにない記事は、無駄にチャレンジしない方向で頑張ろうと反省したかもしれない筆者です。

しかし!

まだまだ秋葉原にメイド喫茶やメイド居酒屋などもありますし、夜の秋葉原(略

アキバでガッツリ飯なら『雁川』だろjk

gan-gyouza002_R

というわけで、原点回帰するタイミングと思われるので、コッチ系に方向修正で御座います。

すでに肉の街、カレーの街、ガッツリな街として定着した秋葉原ですが、あえて言おう!

「真のガッツリ飯なら『雁川』だろ!」

中華料理、それも”ガッツリ系炒飯”というそそられるジャンルに特化した、謎の定食屋さんで御座います。

gan-gyouza001_R

ちなみに正式名称は『雁川』(がんせん)だそうで、大陸系メガネ女子が給仕してくれる店として、メガネマニアに有名です。

何気に秋葉原周辺には中華料理屋さんが多いのですが、中心部で生き残っている数少ない店として、筆者もリスペクトしています。

祝!20周年記念『雁川』

gan-gyouza000_R

そんな『雁川』が20周年を迎えたと言う事で、いつの間にか“特盛りキャンペーン”が開催されておりました。

写真を見て頂ければ分かりますが、大雑把に書かれた手書きの文字には、色々なメニューが20個で1000円的な感じで記載されています。

『雁川』で餃子を食す!

gan-gyouza005_R

とりあえずチャンスなので、この機会にガッツリ食べようと思った筆者は、3秒考えて入店で御座います。

階段を降りると“冷蔵庫”が置かれていて、一瞬入り口を間違えたのかと不安になりますが、安心して下さい。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy