ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

小さくてリュックにも入る携帯電子レンジ「Wayv Adventurer」が便利そう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

何かと便利なキッチン家電といえば、やはり電子レンジだろう。食べ物を素早く温められるのはありがたい機能だ。

・コンパクトで軽量、“携帯電子レンジ”が登場

そんな電子レンジを、いつでもどこでも、アウトドアでも利用できるようにしたのが、「Wayv Adventurer」というラジオ波調理機器。

バッテリーで動作するタイプで、とてもコンパクトなのでリュックに入れて持ち歩くのもラクラク。いわば、“携帯電子レンジ”とでもいうべきツールである。

大きさは305×128ミリメートルで、フラスコ1個と同じくらい。重さは1.2キログラム。小さく、それほど重くもないので、カバンに入れて遠出するときにも邪魔にならない。

・100~500mlの分量を温められる

ユニット内には、100~500ミリリットルの分量の飲み物、食べ物を入れて温められ、所要時間は4分ほど。本体の上面には、スタート・ストップボタン、温度調節ボタン、デジタルディスプレイが設置されている。

リチウムイオンバッテリーはフルチャージ状態にすれば、およそ30分の連続使用が可能だ。

・有毒物質を発生しない

使用にあたり、有毒な揮発物質や一酸化炭素を排出しないので、身体への影響もない。また、火を使わないので二酸化炭素を出さず、引火の心配もない。

通常の電子レンジオーブンには真空管が使われているが、「Wayv Adventurer」では、携帯電話の基地局に用いられる“RF増幅装置”と同じ技術が採用されており、“metal oxide semiconductors (LDMOS、金属酸化物半導体) ”トランジスターが200ワットの電力を発生させる。この技術のおかげで、コンパクトで軽量なユニット、ターンテーブルなしで温める方式が実現した。

・調理環境のない場所で活躍

2014年度、Crowdcubeというクラウドファンディングキャンペーンで15万ポンド(約1600万円)を集め、NXP Semiconductors社と共同開発した「Wayv Adventurer」。当初は、軍隊の兵士や冒険家などの専門家向けを想定していたものの、ハイキングやフィッシングなどのアウトドアシーンや、調理器具のない職場などで活躍してくれそうだ。2017年度内のローンチを目指しているという。

Wayv Adventurer

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP