ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

shu uemura×コムアイ(水曜日のカンパネラ)コラボ映像で「COLORHOLIC=色にハマる!」[オタ女]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


現代アーティストの村上隆さんや、ファッションブランド「メゾン キツネ」とのコラボなど、常に新しいチャレンジをし続けるコスメブランド「shu uemura」。新たに、コムアイ(水曜日のカンパネラ)とのコラボが発表されました。


水曜日のカンパネラはコムアイ、ケンモチヒデフミ、Dir.Fからなる音楽ユニット。童話の桃太郎をベースにした『桃太郎』や『千利休』『シャクシャイン』といった個性的な世界観と楽曲、コムアイのパフォーマンスが一度観たらクセになると話題で、ライブやフェスで多くのファンと動員しています。6月22日にはメジャー1stアルバム『UMA』をリリース。

そんな、型にはまらない世界観で表現される音楽・パフォーマンスで注目を集めるアーティスト・コムアイと他には真似のできない独創的なメイクアップを追求するshu uemuraがタッグを組み、生まれたキャンペーンが「COLORHOLIC=色にハマる!」。

パレット システム アイシャドー 「color atelier(カラー アトリエ)」が、世界中の色があふれる街・東京からインスピレーションを得て全100色となって7月1日(金)に発売される事を記念して、様々な企画が行われます。


水曜日のカンパネラ×shu uemura「COLORHOLIC」コラボレーション映像
https://www.youtube.com/watch?v=foEDFkbD9q4

コラボ映像では、shu uemuraのアイシャドー レフィル システム『カラーアトリエ』のプロジェクトテーマである「COLORHOLIC=色にハマる!」をテーマに作られた楽が公開中。アバンギャルドなカルチャー、世界中のトレンドがミックスされる東京の色を切り取り「色にハマる!」が表現されています。イノセントとコケティッシュが共存するコムアイちゃん独自の美しさにもご注目。


映像内でコムアイに使用されているアイテムは以下のとおり、

『プレスド アイシャドー(レフィル) 』 各2,000円(税抜)
M 165 (新色・HARAJUKU PINK)
S 160(新色・MATSURI RED)
M 330(新色・SHINJUKU YELLOW)
M 250(新色)

この夏はカラーホリックなメイクに挑戦してみる?


また、6月18日(土)、19日(日)には「TOKYO COLORHOLIC PARTY(トウキョウ カラーホリック パーティー)」が開催。『カラー アトリエ』全100色のアイカラーから自分に合った色を見つける体験や TOKYOインスパイアード カラーをテーマにフォトグラファー 小浪次郎氏が撮り下ろした作品の展示が行われます。

両日shu uemuraアトリエ アーティストによるメイクショーや、アイメイクサービスも実施。 最終日の6月19日(日)には、コムアイがコラボ楽曲「COLORHOLIC」を披露するという事なので、水カンファンはお見逃し無く。

会場:BANK GALLERY(バンクギャラリー) 住所:渋谷区神宮前6-14-5
入場無料
6月18日(土) 11:00〜20:00
14:00 / 17:00 シュウ ウエムラ アトリエ アーティスト 木村淳一郎 メイクショー
モデル:るうこ

6月19日(日) 11:00〜20:00 (17:00で一度CLOSE。18:00 再OPEN*)
14:00 シュウ ウエムラ アトリエ アーティスト 梁 裕和 メイクショー モデル:るうこ
18:30 *コムアイ(水曜日のカンパネラ)“スペシャルコンテンツ” *このコンテンツに参加するには、入場整理券が必要です。


キャンペーンサイト「my color atelier(マイ カラーアトリエ)」では、お気に入りの写真から、自分だけのオリジナルパレットを作ることも。


お気に入りの写真を読み込むと写真からインスピレーションを得たおすすめカラーを組み合わせたパレットが出来上がり、そのままECサイトで買う事も出来るので、お友達へのプレゼントにも喜ばれそう! ぜひお試しを。

http://brand.shuuemura.jp/my_color_atelier/ [リンク]

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP