ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

BlackBerry Priv、米AT&Tでは不調、幹部が予想よりも高い返品率に苦言

DATE:
  • ガジェット通信を≫

BlackBerry 初の Android スマートフォンとして知られる「Priv」が米国の大手キャリア AT&T では不調だと CNET が伝えています。Priv は、スライド型の物理キーボード、エッジスクリーン仕様で高精細な AMOLED ディスプレイ、画質に優れるカメラ、独自のセキュリティ機能を搭載するなど、現在でも魅力的な一台だと言えますが、価格が非常に高く、この点がウィークポイントだと指摘されています。CNET は、AT&T の高官からの情報として、ソースが「返品台数が予想よりも多い、期待したよりも苦戦している」と苦言を漏らしたと伝えています。Blackberry は年内にも 2 機種の Android スマートフォンを発売する予定ですが、どちらもミッドレンジクラスの内容だと言われています。これがヒットすれば端末販売台数の減少を止められるかもしれません。Source : CNET

■関連記事
gloops、今夏リリースの実名・実写採用本格野球シミュレーションゲーム「プロ野球タクティクス」の事前登録を開始
Moto Eの新モデルと見られる「XT1706」と「XT1700」がBluetooth SIGの認証を取得
オンライン収納サービス「Sumally Pocket」、ハンガー保管とクリーニングの新オプションを提供開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP