ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

OmniVision、画素サイズ1.55μmのスマートフォン向けカメラモジュール「PureCelPlus-S OV12890」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

カメラ部品を製造している OmniVision が画素サイズ 1.55μm のスマートフォン向けカメラモジュール「PureCelPlus-S OV12890」を発表しました。OV12890 は、1/2.3 インチで 1,200 万画素のカメラモジュールで、単位画素サイズが 1.55μm と從來製品よりも大きく、感度と S/N 比が向上していると言われています。また、モジュールレベルで PDAF や HDR 機能をサポートし、動画は最大 4K @ 60fps で撮影できます。また、フル HD 動画の場合は 240 fps のフレームレートで撮影でき、一秒間に 45 枚の 1,200 万画素写真を撮影できます。新型カメラモジュールは現在サンプル出荷中で、2016 年 Q4 より量産が始まります。Source : DPreview

■関連記事
Koush氏のVysorにPCから複数のAndroidデバイスにアクセスできるようにする「Vysor Share Server」機能が追加
TCL、Daydream対応のAlcatelスマートフォンの第一弾を2017年上半期に発売予定と発表
Nexus Playerはまだ生きてる模様。初期版と同じ型番を持つ「TV500I」がFCCの認証を再取得

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP