ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

バレー男子日本代表、五輪逃す!元々バレーは何人制だった?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


6月2日、バレーボールのリオデジャネイロ五輪世界最終予選兼アジア予選男子大会第5日が東京体育館で行われ、世界ランキング14位の日本は同13位のオーストラリアに0-3で完敗し、前回のロンドン五輪に続いて出場を逃した。一足先に五輪出場を決めたバレーボール日本女子代表には、男子の分も頑張って、ぜひともメダルを獲得していただきたいと思う。
画像:「木村沙織 公式ブログ」より
ちなみに、バレーボールといえば日本では6人制や9人制が主流となっているが、元々何人制で行われていたか、みなさんはご存知だろうか?
2010年7月31日の宮崎日日新聞朝刊によると・・・

バレーボールには大勢の人が一度に楽しめて、運動量も激しくないという趣旨が込められている。明治時代に当たる115年前の米国マサチューセッツ州で生まれたという。大勢とはいっても初めは5人制だったらしい。日本で広まるのは大正から昭和にかけて。16人制から次第に減って9人制、6人制と変わる。1964(昭和39)年の東京オリンピックで正式種目となり、金メダルをとった東洋の魔女らの活躍は語り継がれている。

参考:2010.07.31「宮崎日日新聞朝刊」

(written by けいぼう)

【Nicheee!編集部のイチオシ】最強女王・吉田沙保里の弱点を調べてみた!
ダンクシュートの「ダンク」って?
大相撲の土俵の上にある屋根って、なんで浮いてるの?

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP