ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

噂のワンリパブリック&カルヴィン・ハリスのコラボ曲はニセモノだった

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ワンリパブリックとカルヴィン・ハリスのコラボソングとされる曲が現在SNSで広まっているが、これは偽物だということが明らかになった。しかし、今後この両者が一緒にスタジオに入る可能性はまったくないわけでもなさそうだ。

 数人のファンやブロガーたちが誤って同アメリカン・ポップロック・バンドと同スコットランド出身DJ/プロデューサーによる作品だとした、「Walking On The Sun」というタイトルの曲がネット上に広まっていた。

 これを受け、ワンリパブリックのライアン・テダーは、それは自分の声ではないことをフォロワーに知らせるべく、「ちなみに“@CalvinHarris featuring OneRepublic”ソングをリークした誰かさんに言っておくけど、歌っているのは俺じゃないよ。将来的には喜んでコラボするかも知れないけど、それはニセモノさ」とツイートした。

 そのしばらく後にはハリスも入ってきて、同じく否定。男同志の友情を交え、「ちなみにソレ、俺の音楽でもまったくないよ。素晴らしいよ、ライアン」とツイートしたのだ。

 先日、自動車事故で一時入院し、先週末に予定されていたラスベガスでの一連の公演に出演できない事態となったカルヴィン・ハリス。昨年には、フォーブスによるダンスミュージック界で最も稼ぐDJリスト“エレクトリック・キャッシュ・キングス(Electronic Cash Kings)”のトップを飾っている。

関連記事リンク(外部サイト)

ワンリパブリック、新作発売を前にファンに宛てた手書きの手紙を公開
テイラー・スウィフトとカルヴィン・ハリスが破局
車の事故で入院してたカルヴィン・ハリス、裸体披露し無事をアピール

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP