体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大人もハマるラブコメ『オオカミ少女と黒王子』廣木監督インタビュー「恋愛映画って一つの成長モノ」

サブ㈭_1189462r

ひょんな事からついた嘘により、とんでもないドS男子に振り回される事になった主人公・エリカのドタバタを描いたラブコメ『オオカミ少女と黒王子』。

二階堂ふみさんと山﨑賢人さんをダブル主演に迎え、『娚(おとこ)の一生』『ストロボ・エッジ』など数々の恋愛映画を手掛ける廣木隆一さんが監督を務めています。少女漫画原作の映画は数あれど、“壁ドン”等の胸キュン仕草に頼る事無く、丁寧な人間描写が魅力な本作。廣木監督に作品について、恋愛映画を撮る心がけなど色々とお話を伺ってきました。

廣木監督

―本作とても楽しく、そしてときめきながら観させていただきました。映画がはじまってすぐの長まわしのシーンがとても印象的ですね。

廣木監督:「普通の女の子」が主人公の映画にしたいなと思ったので、渋谷の街から学校へのシーンは続けて。冒頭から10分くらいずっと女子高生達が走るシーンが続きますが、それはやりたくて。

―女子高生達の会話がとても自然だなと思ったのですが、監督がされた工夫等はありますか?

廣木監督:今回特に女子高生に取材とかはしていないんですけど、女子高生だったらこういう場所に行くかな、歩くかなという事を意識して。渋谷の街での撮影も少人数で行ったので、すごい人でどれがエキストラか分からなくなるほどリアルだったんだけど、それが街の空気感にもつながっているのかも。

サブ㈬_1271745r

―エリカが歌を歌うシーンはキュンとする青春シーンですね。

廣木監督:あそこ、恥ずかしいんですよ(笑)。歌にしたのは「どこで恋をした」という事をナレーションとか説明する事はしたくなかったので歌わせてみました。

―選曲が『今夜はブギーバック』という所がニクいです(笑)。西野カナさんとかでは無く。

廣木監督:二階堂と相談して決めたんですがかなりいい選曲だと思います。西野カナ、では無いんですよね。まあ俺が知らないだけなんだけど(笑)。

サブ㈪_1200131r1

―主演の二階堂ふみさん、山﨑賢人さんは今回お仕事をしてみていかがでしたか?

廣木監督:二階堂は高校に通っている10代の頃にCMで仕事をしていて、面白い子だなとは思っていました。6年ぶりに再会して、女優になったなあって思いました。彼女がこういう作品に出たいと思って選ぶという事も良いなと思ったし、面白いんじゃないって。賢人はここまで立て続けに作品に出ている役者ってどんな人なんだろうって興味ありましたね。かなりドSなキャラクターだけれど、それがコミカルに見え過ぎ無ければ良いなと思ったので。自然なお芝居が自然に出来るって良い役者さんだなと。

―山﨑さん演じる佐田は、かなりドSキャラで、二階堂さん演じるエリカを振り回していましたが、同じ男として佐田みたいな男子はどう思いますか?

1 2次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy