ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

どん兵衛vsマルちゃん カップのカレー南蛮そばを食べ比べてみた

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

5月16日、日清食品が『日清のどん兵衛 カレー南蛮そば』を新発売した。そこでマルちゃん(東洋水産)『おそば屋さんのカレー南ばんそば』と食べ比べてみた。

異なる雰囲気

フタのデザインでは、どん兵衛が黄色を主体にカレーっぽさを打ち出しているのに対して、マルちゃんはロゴこそ黄色ながら、青(紺)色があるためか雰囲気が異なる。

マルちゃんの中央に‘おそば屋さんの’とあるのも目を引く。どん兵衛は同日にリニューアル販売した『カレーうどん』と同様に、‘たっぷり具材’を強調した格好だ。

大きく違うかやくとスープ

かやくとスープが1袋ずつなのは同じ。

ただしその中身は大きく異なる。

どん兵衛の方が明らかにカレーを思わせる黄色が強い。赤いのはニンジン。一方、マルちゃんは肉が目立つ。

麺はマルちゃんの方がやや太い。ただし側面の表記では、マルちゃんは麺65グラム、どん兵衛は麺66グラムとなっている。

まさにおそば屋さん

では食べ比べてみよう。

マルちゃんの『おそば屋さんのカレー南ばんそば』は、カレー&そばつゆで、まさにおそば屋さんのカレー南蛮だ。

同社の商品説明に‘鰹と昆布のだしを利かせ、おそば屋さんをイメージした自慢のつゆに、コシのあるそばがよく絡むカレーそば’とあり、そのままに味わうことができた。

肉の存在感が感じられる大きさだったのはうれしい。スープも濃すぎず薄すぎずで、最後までおいしく食べられた。

とろみたっぷりのスープ

日清食品の『日清のどん兵衛 カレー南蛮そば』は、「カレーだ!」と言いたくなるような黄色。

マルちゃんが、カレーとともにそばつゆの香りがあったのに対して、どん兵衛ではカレーの香りが強く感じられる。これはカレー好きにとって見逃せないはず。

またスープには、とろみもしっかりついており、そばをすするとカレーの旨みが十分に味わえる。

ごはんを入れたくなる

さて、『日清のどん兵衛 カレー南蛮そば』の商品説明には、‘飲み干したくなるカレーつゆ!’とあるものの、麺を食べ終えたところで浮かんだのは「ご飯を入れたいなぁ」の思い。

…で入れてみた。

行儀がいいとは言えないけれども、こちらも十分においしかった。機会があったら試してほしい。

同じカレー南蛮でも、どん兵衛とマルちゃんでは大きく商品内容が異なっている。さて皆さんはどちらが好みだろうか。

日清食品『日清のどん兵衛 カレーうどん』『日清のどん兵衛 カレー南蛮そば』(5月16日発売)
https://www.nissin.com/jp/news/5174

東洋水産『おそば屋さんのカレー南ばんそば』
http://www.maruchan.co.jp/products/search/3238.html

※写真は全て著者撮影

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: keisen) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP