ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

“清水の舞台から飛び降りる” 実際に飛び降りた人はどうなった?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

“清水の舞台から飛び降りる”——現在では、思い切って大きな決断をするときなどに使われることわざですが、元々は別の意味があったといいます。

 雅楽や能、狂言、歌舞伎や相撲をはじめとする芸能が演じられる舞台として、11世紀の終わりにはすでにあったといわれている清水の舞台。清水寺の見どころのひとつとなっている、この4階建てのビルほどの高さの舞台を支えるのは、139本の欅の柱。そのうち最も長いものは12メートルにも及びます。釘を1本も使わない”懸造り(かけづくり)”と呼ばれる構造になっており、約184平方メートルある舞台には、厚さ10センチの檜の板が410枚以上敷かれています。

 1995年からは、毎年暮れになると”今年の漢字”が発表、揮毫される場所でもある清水の舞台ですが、江戸時代にはことわざの文字通り、実際にこの舞台から飛び降りた人も多かったそうです。

 清水寺の境内にある、成就院という塔頭の寺役人が残した江戸時代の記録『成就院日記』によれば、148年の間で234件もの飛び降りの記載が。死者数は34人にものぼったようです。

“飛び落ち”と呼ばれるこうした行為の背景には、清水寺の本尊である観音菩薩に命を預けて飛び降りれば、命が助かる上に願いがかなうという信仰があったとのこと。つまり、”清水の舞台から飛び降りる”とは、本来願掛けの意味を持つ言葉だったことがわかります。

 ちなみに、本尊の千手観音像は秘仏。開扉は33年に一度のため、次にお目にかかれるのは2033年となっています。

 宗教学者、作家である島田裕巳さんによる書籍『この寺社を見ずに死ねるか』では、島田さんが訪れた日本全国の神社仏閣のなかから、とくにオススメの39の寺社を紹介。なぜ訪れるべきなのか、その見どころを解説していきます。

 清水寺からもほど近い、三十三間堂もそのひとつ。そしてここで圧倒されるのは、本尊の千手観音像と1001体もの立像。

 平安時代の末期、1164年に建立された三十三間堂ですが、1249年の大火によって多くの像を焼失。かろうじて救い出した立像は124体。現在祀られている1001体のなかに、その124体も含まれているといいます。

 そして焼けてしまった残りの877体の立像は、慶派さらには仏師の集団である院派や円派の協力のもと制作。三十三間堂の再興は京の街をあげての大事業だったのだとか。

「全国の神社仏閣を訪れてみて、私たちは本当に幸福な国に生きていることを実感する。これだけの長い歴史をもつ神社仏閣が、今も生きた形で存続していることは驚異だ。実はそうした国はほかに存在しない」(本書より)という島田さん。

 本書で得た知識と共に訪れれば、いつもとは一味違った楽しみ方ができるかもしれません。

■関連記事
話題のスポットで選びたい、オススメのお土産とは?
旅行添乗員がオススメする、ご当地グルメとは?
花も団子も楽しみたい!京都でオススメの甘味とは?

BOOKSTANDの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP