ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Motorolaが米国で「Moto Z」を商標出願

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Motorola の商標管理会社 Motorola Trademark Holdings, LLC が米国で「Moto Z」を商標出願したことが判明し、噂通り、次期フラッグシップは「Moto Z」になると見られています。商標の保護区分は携帯電話やスマートフォン関連なので、スマートフォンの新機種で採用するために出願したものと推測されます。Moto Z については、これまでに 2 機種の存在が噂として伝えられています。特徴は、“モジュラーバックプレート” デザインという G5 のようなカスタマイズ機能を持つ(らしい)ことです。また、Moto Z の上位モデル(Vector Thin)は、5.5 インチ 2,560 x 1,440 ピクセルの AMOLED ディスプレイ、、Snapdragon 820 2.0GHz プロセッサ、3GB / 4GB RAM、32GB ROM、背面に 1,600 万画素カメラ、2,600mAh バッテリーを搭載。Moto Z の下位モデル(Vertex)は 5.5 インチ 1,920 x 1,080 ピクセルの AMOLED ディスプレイ、Snapdragon 625 2.4GHz オクタコアプロセッサ、2GB / 3GB RAM、16GB / 32GB ROM、背面に 1,300 万画素カメラ、3,500mAh バッテリーを搭載しているそうです。Source : USPTO

■関連記事
Spotify、ファミリープランの料金体系を$14.99/月(最大6人)に変更
Clove、Xperia XAが6月6日頃に入荷と案内
dango-、新感覚パズルゲーム「CO-NNECT」をリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP