ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

サチモス、リズムとサンプリングを学んだ一押しの名盤

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

サチモス、リズムとサンプリングを学んだ一押しの名盤
J-WAVE月曜〜木曜深夜2時からの番組「THE KINGS PLACE」(木曜ナビゲーター:Suchmos)。5月19日のオンエアでは、YONCE(Vo)、OK(Dr)、KCEE(Dj)の3人が登場しました。

Suchmosが影響を受けた名盤を紹介するコーナー「Suchmos The Essence」。今週の1枚は、J Dillaの「The Shining」。J Dillaは、アメリカのヒップホップ、R&Bを中心に活躍したプロデューサー兼MC。本作は2006年リリースのアルバムで、J Dillaが他界した2006年に出された2枚のアルバムのうち、J Dillaのポップな要素が完結したアルバムなのだとか。特にJ Dillaの特徴的なリズムとベースのグルーヴ、サンプリングの手法に、Suchmosは多大な影響を受けたそうです。

KCEE:本当にそれぞれパートがあるし、違うと思うんだけども、ベースのHSUとか、Dillaのストップ感とかかなり影響されてるし、OKは平成入って日本人でDillaを昇華した数少ないドラマーだなって、俺思うし。

OK:うええー!?

KCEE:顔!!(笑)。俺なんかはさ、サンプリングのチョップの仕方。サンプリングって難しいんだよ。なんでかっていうと、ここをサンプリングしたいっていう以外の音が入っちゃうから。

YONCE:あのベースの音とか、ドラムの音ってことだよね?

KCEE:そうそう。それをスネアの部分の16分、1個後ろからサンプリングをちょっとしたの。曲のいきなり出てきた感が出てくるんだよね。

YONCE:インパクトのある部分を上手くチョップするってやつ?

KCEE:そうそう。本当に色々学びましたね。

J Dillaは、サンプリングの名手だったようです。どこからサンプリング音の素材を持ってきているのか、分からないこともしばしば。日本では冨田勲さんの曲もサンプリングしていたほどだったそうです。

そんなJ Dillaのアルバムの中でも、最もポップだという本作。聴きやすさは一番と、Suchmosも太鼓判を押しています。皆さんも入門編として聴いてみてはいかがでしょうか?

7月6日には3rdE.P.「MINT CONDITION」をリリース予定のSuchmos。26日の放送では、YONCE(Vo)、TAIHEI(Key)、TAIKING(Gt)が登場します。一体どんなトークを聴けるのでしょうか? お楽しみに!

【関連サイト】
「THE KINGS PLACE」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/kingsplace/

サチモスYONCE、GWは「3日間○○食ってた」(2016年5月12日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/05/yoncegw3.html

Suchmos衣装は全身「ジャンブルストア」(2016年04月22日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/04/suchmos-1.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。