ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【Chart insight of insight】瞬発力に頼らずヒットを出せ!家入レオと西野カナの長期戦略

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今週のHot100は激戦状態。首位を獲得したHey!Say!JUMPの「真剣SUNSHINE」を筆頭に、ベスト10に初登場曲が5曲もランクイン。ガラリと上位が入れ替わり、先週とはまったく違うチャートとなった。

 そんな中、粘り強さを見せている楽曲もいくつかある。ひとつが、7位に上昇した家入レオの「僕たちの未来」だ(【表1】)。この曲も今週が発売週ではあったのだが、事前の煽りがしっかりされていたという印象が強い。もちろん、日本テレビ系のドラマ『お迎えデス。』の主題歌という大型タイアップの効果は大きい。早々にラジオ・プロモーションに力を入れてきたことで、4/19付のラジオのオンエア回数は17位。その後も常に上位をキープしてきたが、今週はついに1位を獲得している(緑のグラフ)。同時にツイッターなどでの話題も徐々に上昇(水色のグラフ)。発売週で一気にセールスのポイントを加え、数々の強豪と並ぶことができたのだ。

 もう一曲粘っているのが、今週9位の西野カナ「あなたの好きなところ」(【表2】)。大ヒットした「トリセツ」同様に、つい話題にしたくなるかわいいラブソングだ。この曲は4/27リリースだったため、先週と先々週はHot100で2位を記録。今週は少し下がったとはいえ、一過性で終わらなさそうな予感がする。というのも、4/11付でツイッターのつぶやき指数が16位で登場して以来ずっと上位をキープしているだけでなく(水色のグラフ)、動画の再生数(赤のグラフ)やラジオのオンエア回数(緑のグラフ)など、とにかく話題が継続。「トリセツ」がまだ39位にランクインしていることもあり、同じように長く聴かれる楽曲になりそうだ。text by 栗本斉

関連記事リンク(外部サイト)

Billboard JAPAN HOT 100
シングルで大差、Hey!Say!JUMP「真剣SUNSHINE」がモーニング娘。’16とワルキューレを押さえ総合首位
【Chart insight of insight】ベスト・アルバムはとにかく長く売るべき!小田和正とAIの戦略とは?

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP