ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『iPhone 4』をプロジェクター化! 充電機能付きミニプロジェクター『monolith』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


『iPhone 4』がプロジェクターに!?――センチュリーは、同社リテイル事業『白箱.com』にて『iPhone 4』用の充電機能付きポケットプロジェクター『monolith(モノリス)』を発売しました。カラーはブラックとホワイトの2色、価格は1万9800円(税込み)です。

近年小型化&低価格化しているミニプロジェクターですが、ついに『iPhone 4』用のジャケットサイズになりました。『monolith』は、1900mAhの内蔵バッテリー(iPhone 4 を1.5回充電可能)も装備し、予備バッテリーとして利用することもできます。

『monolith』は、『iPhone 4』に装着して動画再生・スライドショーを起動すると、保存している動画・写真(静止画)を投影可能。『Youtube』にも対応しています。輝度12ルーメンと意外に明るく、投影サイズは最大60インチまで拡大可能。本体側面のピント調整ネジでピントを合わせられます。また、スピーカーも内蔵しており、ちょっとしたプレゼンや会議、アウトドアでのパーティでも利用できます。

本体サイズはH126×W63.5×D22mm、重さ97gとコンパクト。『iPhone 4』に装着したまま持ち歩けます。充電時間は約4時間、投影可能時間は約3時間、ACアダプター、USBケーブルが付属。『iPhone 4S』への互換性は現在検証中です。
 

 

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる ▶

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP