体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ガジェ通秋葉原制覇】新食感の次世代麺!“ウイング麺”とはなんぞや? @『饗くろ喜』

kuro-kamo018_R

ガジェット通信の“秋葉原制覇”もいよいよ盛り上がって参りました!(あくまで筆者個人の感想です)

というわけで、筆者(YELLOW)が秋葉原で気になる店に本日も行って来ました。

とにかく行列!名店『饗くろ喜』

kuro-kamo001_R

まず、ぶっちゃけ漢字が読めない筆者ですが、とりあえずいつ見ても並んでいるのが『饗くろ喜』で御座います。

無論、行列が行列を呼ぶってのは多少有りますが、そのラーメンの美味しさは疑う余地がありません。

「ノー・モア・行列」

を信条に生きて来た筆者(43歳独身男性)ですが、この『饗くろ喜』だけは並んででも食べたいラーメンなのです。

kuro-kamo000_R

ちなみに『饗くろ喜』の行列は、並んでいる途中に店員さんの指示で食券を買いに入り、再び外に出て並ぶと言う複雑なシステムなので注意が必要です。

『鴨和えそば』を所望する!

kuro-kamo004_R

テーブルには店のコダワリ食材について解説があります。結構、細かい部分まで書いてあるので大丈夫なのか心配になりますが、材料を真似ただけでは及ばないって自信の表れなのでしょう。

そして!

ここはオーソドックスに『塩そば』を食べるのがジャスティスですが、この日は限定の『鴨和えそば』なるラーメンがあったので、コチラを選んでみました。

kuro-kamo003_R

ちなみに『鴨和えそば』は1000円と、決して安くはないブルジョア価格ですので、もしもイマイチな場合は全力でディスらせて頂く所存で御座います。

『鴨和えそば』を食す!

kuro-kamo019_R

行列と言う名の苦行を乗り越えて、やっと辿り着いた『鴨和えそば』ですので、筆者の期待も否応無しに高まります。

まず盛り付けに関しては100点満点で良いでしょうか?

紫玉葱の色も鮮やかで、ラーメンもとい“和えそば”と言う範疇を超えて、料理の盛り付けとして美しいですね。

kuro-kamo023_R

しかし!

コレをガッツリとかき混ぜてから、食べなければならないと言う罠で御座います。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会