ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Google、「Android Wear 2.0」を今秋リリースへ、Developer Preview版を提供開始

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Google は 5 月 18 日(現地時間)、米国で行われた Google I/O 2016 カンファレンスの基調講演で、Android Wear の次期メジャーアップデート版となる「Anroid Wear 2.0」を発表しました。Android Wear 2.0 は 過去 2 年間で最大の変更を行った Android Wear のメジャーアップデート版で、同日より Developer Preview 版が提供されており、今秋正式リリースされる予定です。Android Wear 2.0 では、スタンドアロンアプリへの対応、UI のリニューアル、ウォッチフェイスのカスタマイズ機能の強化、メッセージアプリでの手描き文字入力やキーボードの追加、フィットネス機能の強化など、多岐にわたって変更が加えられています。最大の変化は、スタンドアロンアプリのサポートでしょうか。 これは、Data Layer API 群を利用しなくてもアプリが Wi-Fi、Bluetooth、セルラーネットワークを利用してインターネットにアクセスできるということです。つまり、スマートフォンとペアリングしていない場合でもスマートフォンとペアリングした状態と同じ機能を利用できることになります。UI のリニューアルについては、通知の表示方法、アプリドロワー、ウォッチフェイスの選択画面を新しくして、新たに「ダークモード」の UI が追加。円型ディスプレイのサポートも改善しています。ウォッチフェイスのカスタマイズ機能については、Complications API の導入により、ウォッチフェイス上に小さな表示枠でアプリの情報を表示できるようになりました。メッセージングアプリでは、受信したメッセージへの返信時などに、音声だけではなく、手描き文字のほか、スワイプ入力に対応したキーボードで返信を作成できるようになったほか、アプリ提供者が返信のスタイルをテンプレートが定義することが可能になりました。Google は Android Wear 2.0 をテストできるよう、Developer Preview 版を公開しています。対応機種は、LG Watch Urbane 2nd Edition と Huawei Watch のみ。また、エミュレーター用のシステムイメージも公開されています。Source : Google

■関連記事
Google、対話型の音声アシスタントサービス「Google Assistant」を発表
Google、マンツーマンのビデオ通話アプリ「Duo」を発表
Google、新メッセージアプリ「Allo」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。