ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、対話型の音声アシスタントサービス「Google Assistant」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google は 5 月 18 日(現地時間)、米国で行われた Google I/O 2016 カンファレンスの基調講演で、「Google Assistant」と呼ばれる音声アシスタントサービスを発表しました。Google Assistant は、Google Now を進化させた対話型の音声アシスタントサービスで、スマートフォンでは Google 検索や対応アプリで自然言語を理解して文脈に沿った回答を検索結果として返します。Google I/O 2016 でのデモでは、「近くで何を上映している?」と質問すると、Google Assistant は付近で上映中の映画を表示しました。また、「誰がレヴェナントを監督しましたか?」と質問すると、「アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ 」と回答し、続けて、「彼はいくつかの賞を獲得しましたか?」と質問するとイニャリトゥ監督の受賞作品が表示されました。Google はこの Google Assistant を同日発表した Google Home や Allo に対応させたほか、アプリが Google Assistant の機能を利用できるよう開発者向けに API を公開するとしています。Source : Google

■関連記事
Google、マンツーマンのビデオ通話アプリ「Duo」を発表
Google、新メッセージアプリ「Allo」を発表
Google、Android Nのコードネームをネットで公募

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP