ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

上海問屋、スマートフォンやタブレットを立てるスリットを備えたモニタ台「DN-13760」を発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

上海問屋は 5 月 17 日、スマートフォンやタブレットを立てるスリットを備えたモニタ台「DN-13760」を発売しました。価格は 1,990 円です。DN-13760 はデッキ形状のモニタ台で、前面にスリットが設けられており、スマートフォンやタブレットを立たせることができます。キーボードでよく目にするスリットがモニタ台に付いたという製品です。モニタは 24 インチ程度のものなら置けるとされており、画像を見ると、スリットの幅は 400mm 前後なので、複数のスマートフォン・タブレットを立てることができそうです。また、台の下にはスペースができるので、キーボードやタブレットなどを収納することもできます。筐体サイズは 485mm × 92mm × 278mm で、台下の横幅は 405mm です。Source : 上海問屋

■関連記事
Motorola、低価格スマートフォン“Moto G”の新モデル「Moto G4」「Moto G4 Plus」を発表
Google、WEBサイトのモバイルデバイスへの対応をチェックできる新ツール「モバイルフレンドリーテスト」をリリース
KDDI、「Xperia Z4 SOV31」のソフトウェアアップデートを開始、再起動問題を修正など

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP