体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

フィットビットがリストバンド型活動量計の新製品『Fitbit Alta』と『Fitbit Blaze』の国内販売を発表 “フィットネス×ファッション”を華やかに訴求

フィットビットがリストバンド型活動量計の新製品『Fitbit Alta』と『Fitbit Blaze』の国内販売を発表 “フィットネス×ファッション”を華やかに訴求

フィットビット・ジャパンは5月16日に製品発表会を開催。リストバンド型活動量計『Fitbit Alta』とスマートウォッチタイプの活動量計『Fitbit Blaze』について、国内での販売を開始することを発表しました。

fitbitblazealta2

『Fitbit Alta』は、OLDディスプレーを搭載し、アクセサリー感覚で着用できるリストバンド型活動量計。日本の女性ユーザーから要望の多い仕様を備えているとのこと。5月20日に販売を開始し、参考小売価格は1万7800円(税別)。

fitbitblazealta3

カラーはブラック、プラム、ブルー、ティールの4色で、同色の交換用バンドや2色のレザーバンド、ステンレススチールのバンドを別売りで販売。気分に合わせてバンドを選択できます。

fitbitblazealta4

活動の記録や自動睡眠記録、iOS/AndroidアプリやPCとのワイヤレス同期といったリストバンド型活動量計の基本機能に加えて、エクササイズを自動認識する『SmartTrack』、着信やSNS、カレンダーなどのスマートフォン通知、運動を促すリマインダー機能を搭載します。

fitbitblazealta5 fitbitblazealta6

ディスプレーには時刻のほか、歩数、移動距離、消費カロリーなどを表示可能。本体はステンレススチール製で、バンドを外して交換ができます。

fitbitblazealta7

『Fitbit Blaze』は、心拍計の機能をそなえ、よりフィットネス用途に特化したスマートウォッチタイプの活動量計。6月中旬の発売予定で、参考小売価格は2万6800円(税別)。

fitbitblazealta8

カラーはブルー、プラム、黒の4色。同色の交換用バンドと3色のレザーバンド、メタルバンドを別売りで販売します。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。