体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「♪内藤やす子になりたくて~」一度聴いたらクセになる!?  『やった!やった!サンバ』レコ発ライブレポート

160517_ケンケン

戦後の雑多な雰囲気を残しながら、夜な夜な多くの人たちであふれかえる街、『新宿ゴールデン街』。
文化人やアーティストが集まり、文学や演劇、そして音楽を生み出してきたこの街の一角で、今話題となっている曲がある。
その名も『やった!やった!サンバ』。歌っているのは林健一(通称ケンケン)さんだ。

筆者が初めてこの曲を聴いたのは、やはりこの界隈の飲み屋であった。
ふとしたことから知り合った青年が、その音源を聴かせてくれたのだ。

「なんだこりゃ!?」

それが最初の印象だった。
決して難しい音楽ではない。軽快で、陽気なリズム、意味があるようで無いような不思議な歌詞、そしてどこか哀愁を感じさせる歌声。
その全てのバランスにすっかりひきつけられた。その場で何度か聴かせてもらい、自宅ではYouTubeを繰り返し見た。
当然生でも聴きたくなり、ケンケンさんの出演するライブに足を運んだ。そして、聴けば聴くほどこの曲の、そしてケンケンさんの魅力にとらわれていった。

そんな幻の楽曲が、5月16日にレコードとして発売されることになり、前日の5月15日、新宿ゴールデン街劇場で発売記念ライブが行われた。
筆者ももちろん参加したので、レポートしてみたい。

今回のライブは前売り券が早々にSOLD OUTしたということで、開始時刻の17時半には満員のお客さんで、会場は熱気を帯びていた。
定刻を少し過ぎた頃、内藤やす子さんの『想い出ぼろぼろ』を歌いながら、黒いラメの衣装のケンケンさんが登場。
筆者も「おお!いきなりの内藤やす子」とテンションが上がり、客席からも大きな声援が飛んだ。

160517_ケンケン2

まずはカバー曲を中心に、『夢芝居』『おんな道』と続き、5曲目の『かもめ』からはバックバンドが登場。『やった!やった!サンバ』の作者でもある石上嵩大さん(ギター)と、キーボードの菊池麻由さんがステージに上がる。
二人の演奏で『黒の舟唄』などを歌い、『愛の賛歌』で第一部は終了。

休憩をはさんで始まった第二部。白のジャケットにストールという、どこかヨン様風(?)のいでたちで登場すると、オリジナル曲の『あんば人生』を披露。続いて、ちあきなおみさんの『夜間飛行』-と、ここでゲストが登場する。今回のライブのプロデュースも担当した、歌手のギャランティーク和恵さんだ。
4月27日にリリースしたミニアルバム『ANTHOLOGY#1』に収録された『明日の為に微笑を~愛の讃歌~』など3曲を歌い上げ、観客を魅了した。

その後、再びケンケンさんが登場。この日のために作ったという新曲を交えながら、3曲を演奏し、最後はやっぱり『やった!やった!サンバ』。
コール、手振りなどで会場と一体となり、最高潮の盛り上がりの中で大団円を迎えた。

160517_ケンケン4

終演後、ケンケンさんと、石上さんにお話を聞いた。

-お疲れさまでした!すごい盛り上がりでしたが、まずは、レコ発ライブを終えた感想をお願いします。

ケンケン:ほっとしました。背負っていた重荷がひとつ片付いたような感じです。

-明日レコード発売日(5月16日)を迎えるわけですが、今どのような心境ですか?

ケンケン:うれしいです。レコードを出すことは長年の夢でした。このレコードはまさに“自分が生きてきた証し”。大げさではなくそう思っています。

-この曲ができた経緯を教えてください。

ケンケン:昔の歌番組を見ていた時、感極まって発した「やった!やった!」という言葉が何故かウケてしまい、夜間飛行(ゴールデン街にあるギャランティーク和恵さんのお店。ケンケンさんもカウンターに入っている)の流行語大賞をいただきました。それがきっかけで「じゃあ曲にしてしまおう!」となったのが最初ですね。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。