ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Koush氏、H.264のライセンス問題でVysorの公開を中止

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ClockworkMod の Koush 氏が Android の画面を PC にストリーミングする「Vysor」について、H.264 コーデックのライセンス問題によって公開を中止したことを明らかにしました。Vysor は、スマートフォンを PC に USB 接続するだけで、ADB の機能を利用してスマートフォンの画面を PC ブラウザにミラーリングし、さらに、その様子を外部にも公開できる Chrome アプリです。Koush 氏は自身の Google+ ページで、MPEG-LA の関係者から Vysor にパッケージングされている broadway.js リアルタイムデコーダーの利用について、アプリのダウンロード毎に MPEG-LA に対して $0.20 のライセンス使用料を支払わなければならない事態になったとして、自主的にアプリの公開を停止いしました。Vysor はかなり便利な機能ではありますが、コア機能が使用できないとなると、問題を修正するにはアプリのリニューアルが必要になり、再度公開されるとして、リリースまでに時間がかかると予想されます。Source : Google+

■関連記事
楽天モバイル、5月30日に「楽天モバイル 福岡天神地下街店」をオープン
国内のGoogleストアに「Moto 360(2nd Gen)」の46㎜モデル(シルバー)が再入荷
KDDI、Galaxy A8のソフトウェアアップデートを開始、VoLTE機能を改善

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP