ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

“漢字パズル+ドキュメンタリー”?変わり果てた漢字を復元する不思議なゲーム『浜辺にうちあげられた漢字』

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

画面には浜辺の実景。波音をバックに、知的で穏やかな女性ナレーションが流れています。砂浜に打ち上げられたのはコンブでしょうか……えっ? 漢字!? 浜辺に打ち上げられ、変わり果てた姿になった漢字を、元の姿に復元するゲームが『浜辺にうちあげられた漢字』です。

任天堂が2005年に発売したニンテンドーDS用ゲーム『東北大学未来科学技術共同研究センター川島隆太教授監修 脳を鍛える大人のDSトレーニング』がブームを巻き起こしたことから、“脳トレ系”としてにわかに注目された知育・教育分野のゲーム。こちらも漢字をテーマにした“脳トレ系”パズルですが、「浜辺にうちあげられた」とは、どういうことでしょうか?ナレーションの解説を聞いてみましょう。

「長野県、襟浜(えりはま)。毎年、寒さの残るこの季節になると、多くの漢字が浜辺に打ち上げられます。漁師を夫に持つ絹江さんは、ほぼ毎日、朝と夕方の2回、この浜にやってきて、漢字を集めています。沖から大量に流されてくる漢字が、沿岸に生息する魚介類に深刻な問題を与えるためです――」。教養番組のように淡々と流れるナレーションは、聞く者をさらに混乱に陥れます。漢字に使われるインクが問題の成分であること、パソコンや携帯電話の普及により、漢字を書く機会が少なくなったため、使われなくなった漢字が川から海へ流れてくるようになったこと、絹江さんは海水で軟らかくなった漢字の形を直し、乾燥させて復元していること――。お気づきのようにこのゲームは、ドキュメンタリーの形式をとった壮大なフィクションとして提示されているのです。そもそも、長野に海なんかないのですから。よく見たら、タイトル画面に「フィクション 2009」という文字がチラリ。まるでノンフィクション番組のオープニングのようです。

こちらは、名作『モアイまわし』を生み出したクリエーター、タカヒロウの作品。なるほど、シュールな設定はお手の物です。ゲーム内容は、絹江さんを手伝って(?)、漢字を元の形に復元していくもの。漢字に◎で描かれた部分をドラッグして、全体の形を変えていきましょう。漢字はグニャグニャなのですが、関節を持った生物のようにふるまいます。“止め”や“払い”に注意して形を整えていくと、元の漢字の姿が見えてくるところは、教育ゲームとしてもなかなかの完成度。家族そろってゲラゲラ笑いながら楽しめる良作といえるでしょう(この記事の配信元はこちら)。

関連リンク
浜辺にうちあげられた漢字(『モゲラ』にて公開中)

■関連記事
タカヒロウインタビュー
ボンクラ男子必見!古代の神秘に思いをはせるゲーム?『モアイまわし』
Flashゲームの祭典『Flash Game Festival’09』開催、19組のクリエーターが新作を発表
黄色いレオタードを着たシカのマスクが大暴れ!のFlashゲーム『レオタード仮面』
Flashゲームとコラボ?PSP『己の信ずる道を征け』クリエーター体験イベントに行ってきた

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。